スバル NEW「レヴォーグ」発表 走りも愉しいが「自動」もスゴイ! 別次元に進化した「アイサイト」

スバル NEW「レヴォーグ」発表 走りも愉しいが「自動」もスゴイ! 別次元に進化した「アイサイト」

ピュアレッドの新型「レヴォーグ」(2020年10月15日、柘植優介撮影)。

スバルのステーションワゴン、2代目「レヴォーグ」がお披露目となりました。今度の「レヴォーグ」は外観以上に中身に特徴があるようです。エンジンや話題の「アイサイトX」について関係者に聞いてみました。

スバル社長が語った新型「レヴォーグ」3つのポイント

 スバルは2020年10月15日(木)、新型「レヴォーグ」の発表会を、成田空港にあるJAL(日本航空)の格納庫で行いました。

「レヴォーグ」は、初代が2014(平成26)年に登場した国産ステーションワゴンで、今回が2代目になります。発表会に先立ち、2019年10月に開催された第46回東京モーターショーでプロトタイプが初公開されたほか、2020年8月20日からは専用サイトでもプロトタイプの外観や内装が披露されていました。

 発表会でスバルの中村社長が語っていたのは、「先進安全」「スポーティ」「ワゴン価値」の3つです。

「先進安全」は運転支援システム「アイサイト」の刷新であり、さらに進化した「アイサイトX」のことを指します。また「スポーティ」は、フルインナーフレーム構造を採用したことや、新開発の1.8L直噴ターボエンジンを搭載し、次元が違う走りを目指したことです。

 最後の「ワゴン価値」に関しては、「レヴォーグ」の前型である「レガシィ ツーリングワゴン」以来のツーリング思想を継承して、広い荷室と、先進的なデジタルコクピットを実現するとともに、同乗者も含めて乗る人すべてが快適で愉しい移動時間になることだといいます。

 なお、新型の車体サイズは、全長4755mm、全幅1795mm、全高1500mm、ホイールベースは2670mmです。先代より全長で65mm、全幅で15mm、ホイールベースで20mm、それぞれ大きくなっています。

全然違うぞ! 「アイサイト」進化版「アイサイトX」

 新型の大きな特徴といえるのがエンジンと、「アイサイトX」です。

 エンジンは基本構造こそ水平対向4気筒直噴ターボと同じながらも、先代では排気量1.6Lの「FB16」と排気量2.0Lの「FA20」の2種類が用意され、グレードによって異なるものを搭載していました。

 新型は全グレード共通で、新開発の1.8L水平対向4気筒直噴ターボ「CB18」が搭載されます。燃料は全グレードがレギュラーガソリン仕様です。また、トランスミッションは「リアトロニック」と呼ばれる無段階変速ですが、8速マニュアルモードを採用しているため、操る愉しさを味わいたいときは切り替えも可能です。

 もうひとつのポイントである「アイサイトX」は、新型「レヴォーグ」で初めて採用されたシステムです。

「アイサイト」は、フロントガラス上部に設置されたステレオカメラが前方の対象物との距離を測り、前走車との車間距離が詰まった場合などに、自動的にブレーキをかけてくれるといったアシスト効果があるものです。

「アイサイトX」はこれに加え、準天頂衛星「みちびき」などから取得した高精度な位置情報や地図データ、そしてインテリアパネルに備えられた「ドライバーモニタリングシステム」や、「ステアリングタッチセンサー」などを組み合わせることで、50q/h以下で走る際には完全なハンズフリー走行を実現しています。

 さらに「ドライバー異常時対応システム」が組み込まれているため、一定時間ステアリングを保持しない状況が続いたり、ドライバーモニタリングシステムが運転者の異常を検知したりすると、警告音を鳴らしながら自動的にクルマを停止させます。

 今回の「レヴォーグ」は装備内容に応じて6種類のグレードがラインナップされますが、なかでも「EX」と付く3タイプに「アイサイトX」が、そのほかには「アイサイト」が装備されます。「X」付きは35万円以上も高くなりますが、先行予約では93%のユーザーがそちらを選んでいるそう。安全性への高い関心がうかがえます。

関連記事(外部サイト)