黒いソフトクリーム3種、SL運行の大井川鐵道が発売 「プロソフトクリーマー」が監修

黒いソフトクリーム3種、SL運行の大井川鐵道が発売 「プロソフトクリーマー」が監修

SLソフトクリームの(左から)「漆黒」「ミックス」「煙」(画像:大井川鐵道)。

漆黒・煙・ミックスの3種類!

 大井川鐵道は2020年10月23日(金)、静岡県内で弁当などを販売する天神屋と共同で全国初のSLソフトクリーム専門店「A STATION KIOSK」を開店すると発表しました。

 SL(蒸気機関車)をイメージしたソフトクリーム「漆黒」「煙」「ミックス」を用意。「漆黒」はSLのように真っ黒な見た目で、味は「濃厚なチョコレート味で、カカオの上質なビター感が魅力」「竹炭パウダーを配合し、口当たりなめらかに仕上がりました」(大井川鐵道)としています。

「煙」はSLから立ち上る煙をイメージした灰色のソフトクリームです。「生乳のコクと控えめの甘さがやみつきになる」というミルクソフト味とのこと。「ミックス」は「漆黒」と「煙」のミックスで、ミルクソフト味と濃厚なチョコレート味を一度に楽しめます。予定価格は各500円(税込)です。

 SLソフトクリーム専門店「A STATION KIOSK」は11月12日(木)、新駅の門出駅から近い観光・交流拠点「KADODE OOIGAWA」(静岡県島田市)に併設される「TOURIST INFORMATION おおいなび」の一角にオープンします。

 店はソフトクリームを主食に生活し、国内外問わずおいしいソフトクリームやアイスクリームを求めて旅をしているという世界初の「プロソフトクリーマー」森川勇一郎さんがプロデュース。「KADODE OOIGAWA」内には、同じく森川さんが監修する専門店で煎茶を使った「門出ソフトクリーム」も同時発売される予定です。

関連記事(外部サイト)