「雨天時も窓開け換気」路線バス578台に「雨よけバイザー」設置中 京成バス

「雨天時も窓開け換気」路線バス578台に「雨よけバイザー」設置中 京成バス

雨天時も窓を開けられるように取り付けられる雨よけ(画像:京成バス)。

雨の日でもバス車内に空気の流れを保ちます。

 京成バスは2020年11月10日(火)、新型コロナウイルス拡大防止のため、雨天時でも窓を開けて換気ができるよう、雨が入り込むのを防ぐバイザーの設置を開始したと発表しました。

 対象となるのは路線バス車両576台。11月2日(月)より順次取付開始しているとのことです。

 京成バスでは「雨天時においても雨水の侵入を防止し、車内換気の根幹である窓開けを可能にし、さらなる車内換気の促進を図ってまいります」としています。

 バイザーを設置した窓には、バイザーの存在と常時換気を知らせるステッカーが車内側に貼付されます。

関連記事(外部サイト)