「夜専門のはずですよね?」米空母「エンタープライズ」の悲喜劇 艦内24hコンビニ状態に

「夜専門のはずですよね?」米空母「エンタープライズ」の悲喜劇 艦内24hコンビニ状態に

1945年10月、碧海をいくアメリカ海軍の空母「エンタープライズ」(画像:アメリカ海軍)。

太平洋戦争中、アメリカ軍は昼夜問わず襲来する日本軍機の攻撃に悩まされます。解決策として同海軍は、レーダー装備の艦上夜間戦闘機を運用する専任空母を決めたものの、それが逆に乗組員の負担を増やす結果になってしまったようです。

レーダーの実用化で夜間も戦うことが当たり前に

 航空母艦、いわゆる空母が実戦で本格的に運用されるようになったのは、第2次世界大戦からです。同大戦が始まった1939(昭和14)年当時、まだ夜間飛行を容易にするための機載レーダーをはじめとする各種の航法支援機器は未発達であり、艦上機(艦載機)はもとより、陸上機でも夜間飛行には、パイロットのスキルに頼る高度な飛行技術が必要とされていました。

 その後、大戦の進捗にともなって各種技術が飛躍的に発達し、小型高性能化が進んだ結果、レーダーや方向探知機、航法支援機器などが次々と航空機に搭載できるようになります。結果、これらが実用化されたことで、適切な訓練さえ受ければ、夜間飛行はさほど困難なものではなくなりました。

 日米が激突した太平洋戦域では、航空技術についてはアメリカが圧倒的に進んでいたものの、大戦の後半になると日本側の航空機もレーダーを備えるようになり、二式飛行艇や一式陸上攻撃機などの大型機が、アメリカ側の空母機動部隊の動向を探るために飛行したり、場合によっては夜間攻撃なども行ったりするようになりました。

 夜間の戦闘は、昼間と違い圧倒的に視野が狭まるため、レーダーの有無が大きく影響します。そこでアメリカ海軍は、日本側の夜間攻撃に対処するため、主翼に対空レーダーを備えた艦上夜間戦闘機を開発しました。

 これによりアメリカ海軍は、夜間空戦の手法を確立します。軍艦が備える大型の艦上レーダーで遠距離から接近する日本軍機を探知したら、レーダー搭載の夜間戦闘機を空母から発艦させ、大まかな方位と高度を指示して近距離まで誘導、夜間戦闘機が機上のレーダーで日本軍機を捉えたら、そこから先は各機で戦わせる、というものでした。

夜間専任空母の誕生とワンオペ化の始まり

 アメリカ海軍が開発した艦上夜間戦闘機は、具体的には空母搭載のヴォートF4U「コルセア」戦闘機や、グラマンF6F「ヘルキャット」戦闘機のレーダー搭載型です。これらは当初、いくつかの空母に分遣隊として数機ずつ分散派遣する形を採っていたものの、やがて日本軍機の夜間飛来が増加したこともあり、少数ずつの分散搭載では迎撃任務が追い付かなくなりました。

 そこで夜間戦闘機を集中配備し、夜間戦闘を主任務にする専門の空母航空群が計画されるようになり、1944(昭和19)年夏に軽空母「インディペンデンス」が、搭載機のほとんどを夜間戦闘機にして世界初となる夜間戦闘専門の空母になりました。

 しかし、まるまる1隻の空母を夜間迎撃専門にしてみると、いくつかの問題点が浮上します。まず、軽空母では小さすぎて各種運用に制限が生じる点。そして、夜間戦闘は増えたとはいっても、昼間戦闘と比べればまだまだ少ないため、昼間任務にも応援として用いたいという要望が上がった点です。

 これらの問題を解決するには、軽空母ではなく大型の艦隊空母、いわゆる正規空母を夜間空母に転用し、それにより機数の多い編成にした夜間空母航空群を載せればよいのではないかということになりました。

 結果、白羽の矢が立ったのが、大戦勃発前に建造され、開戦から一貫して正規空母として運用されていた「エンタープライズ」と「サラトガ」でした。この2隻は大戦後半になると、続々と就役する新型のエセックス級空母などと比べて旧式化しつつあったからです。結果、2隻は1944(昭和19)年12月に夜間空母航空群を載せた夜間空母となったのです。

 しかし、1945年2月に「サラトガ」が大破して修理のためにアメリカ本土に回航されると、太平洋戦域で夜間空母と呼べるのは「エンタープライズ」ただ1隻になってしまいました。

現場にとっては負担が大き過ぎた「24時間営業」

 ここから「エンタープライズ」のワンマン・オペレーション、いわゆる「ワンオペ」が始まりました。この時期の「エンタープライズ」はレーダー装備のF6F「ヘルキャット」戦闘機だけでなく、同じくレーダーを装備した「アベンジャー」艦上攻撃機も搭載していました。そのため夜間迎撃だけでなく、夜間攻撃任務にも従事していました。

 とはいえ、レーダーが有用なのは夜間だけではありません。昼間でも状況によってはレーダー非装備の艦上機に変わって出撃したり、または昼間攻撃の増援として声がかかったりしました。要はマルチプレイヤーとして、昼夜問わず用いられたのです。

 結果、艦上は大忙しで暇なしの有り様で、そのため手空きの乗員がいつでも食事やコーヒーブレイクができるように艦内食堂は24時間オープン。売店も同じく24時間開いたままのまさに「24時間コンビニエンスストア」状態となり、本来なら実働時間と休息時間が厳密に区分される海上勤務にもかかわらず、航空機搭乗員も空母乗組員も寝られる時にはいつでも寝てよい、という異例の命令が出されたほどでした。この時期に撮影された写真には、多数の乗組員たちが飛行甲板上でしばしの仮眠に就いているシーンがあります。

 しかし昼夜問わず奮闘した結果なのか、空母「エンタープライズ」は沖縄戦が続く1945(昭和20)年5月14日、一瞬のスキを突かれ爆弾を搭載した零戦の特攻を受けて大破。アメリカ本土に修理のために引き上げることになりました。そしてワシントン州のピュージェット・サウンド海軍工廠で修理中に終戦を迎えています。

 夜間空母として、第2次世界大戦末期にまさしく孤軍奮闘状態だった空母「エンタープライズ」。人だけでなく艦船も代わりのない「ワンオペ」になると、過重労働になってしまうのかもしれません。

関連記事(外部サイト)