世界最速!リタイヤ超速?なトホホ旅客機「コンベアCV880」 スピード全振りはどう実現?

世界最速!リタイヤ超速?なトホホ旅客機「コンベアCV880」 スピード全振りはどう実現?

コンベア880の「エルビス・プレスリー」仕様機(画像:kitmasterbloke[CC BY-2.0〈https://bit.ly/3ktY4wO〉])。

ジェット旅客機の草創期に「世界最速」のコンセプトで開発されたのが「コンベア880」。どう開発され、そのスピードを生み出す秘訣はどこだったのしょうか。ただ、この飛行機、速度だけではない、喜ばしくない速度記録もありました。

「スピード狂」の意向が反映された「世界最速」

 ジェット旅客機のスピードは、「コンコルド」など超音速旅客機を除き、半世紀以上大きな変化はありません。ところがジェット旅客機の草創期には、その高速性をウリにして開発された旅客機もありました。

 筆頭に挙げられるのが、アメリカ・コンベア(現ボンバルディアの一部)により開発され、1959(昭和34)年に初飛行した「コンベア880」です。

 コンベアCV880の開発のキャッチコピーは「世界最速」。これは旅客機が開発されるにあたり、初期発注を行う航空会社「ローンチカスタマー」のTWA(トランスワールド航空)のオーナーであり、世界最速の飛行記録をいくつも塗り替えるなど、いわゆる「スピード狂」として知られた大富豪、ハワード・ヒューズ氏の意向を多分に反映したものです。

 CV880は、当時先行して開発されたボーイング707(マッハ0.81)やダグラスDC-8(マッハ0.72)より上のマッハ0.89(約990km)を設計値として打ち出します。ちなみに冒頭に述べた超音速旅客機「コンコルド」は1969(昭和44)年初飛行で、CV880が登場した頃は、まだ技術的に困難な時代でした。

 とはいえ、そのデザイン自体は、主翼下に4発エンジンを搭載した単通路(ナローボディ)機といった位置づけ。外観はライバル機のボーイング707やダグラスDC-8と似ていても、サイズはCV880の方がひと回り小さいものでした。では「スピードキングの源」はどこにあったのでしょうか。

CV880のスピードの源はどこにあった?

 コンベアCV880の高速飛行を実現する源となったのは、搭載エンジンです。ライバルのボーイング707およびダグラスDC-8は、軍用機でマッハ1級の記録を打ち立てたこともある「ターボジェットエンジン」のプラット・アンド・ホイットニー「JT3C」や、これを燃費効率や静粛性の高い構造である「ターボファンエンジン」に改良した「JT3D」などを採用していました。

 一方、CV880に搭載されたエンジンは、ゼネラルエレクトリック(現GE・アビエーション)のベストセラー「J79」を民間機用に改良したターボジェットエンジン「CJ-805-3」です。J79を搭載した戦闘機YF-104A「スターファイター」では、初めてマッハ2を超える高速飛行を達成。その後もF-4「ファントムII」戦闘機などに採用されています。

 つまりCV880は、とてつもなくスピードの出る戦闘機用エンジンを、旅客機向けにアレンジし、積んだというわけです。

 ただ、CV880はあまりにもスピードを追求した結果、多くの問題を抱えていました。

 まず「高速戦闘機クオリティのエンジン」を積んでしまったが故に、燃費がライバルと比べて悪く、騒音も大きなものになった点です。さらにエンジンの後方から吐き出される黒煙は、環境に良くないというレッテルが貼られる結果に。また、このエンジンは整備性に関してもあまりよくなく、取り扱いが難しい点を有していました。

 ほかにも、戦闘機用から旅客機用へアレンジする段階で価格を下げるべく、燃焼ガスに常に触れ超高温となる「ホットセクション」部分において耐熱金属を使う量を減らしたことなどから、トラブルが多発したそうです。加えて、操縦も「じゃじゃ馬」とも呼ばれてしまうような難しいものだったといいます。

CV880の不名誉な「スピード記録」とは

 ライバルのボーイング707は約1000機、ダグラスDC-8は約550機が生産され、両機は2社の主力商品になったのに対し、コンベアCV880の売れ行きは65機と、とても低調な状態でした。

 この結果、ボーイング707は1982(昭和57)年まで、ダグラスDC-8は1972(昭和47)年まで生産が続けられたのに対し、コンベアCV880の生産期間は1962(昭和37)年までであり、初飛行からわずか3年で生産終了になっています。

 これは後継機であるCV990が登場し、それに生産が切り替えられたことも影響しているものの、初飛行から生産終了まで著しく早い不名誉なスピード記録を樹立してしまったのです。

 CV880はJAL(日本航空)でも9機が導入されたものの、前述した難しい操縦特性から3機が訓練中に全損事故を起こしてしまいました。3機とも、エンジンが片方停止した際の離陸訓練の時だったと、当時の記録に残っています。

 JALでのデビューは1961(昭和36)年の羽田〜札幌線。これは、初のジェット旅客機による国内線運航だったそうですが、高度経済成長期で航空需要も伸びていたことから、国際線ですでに導入しており席数も多いDC-8や、当時の新型機ボーイング727に置き換えられる形で、CV880は1971(昭和46)年に全機がJALから退役。その運航期間はわずか10年と、おおむね20年から30年使われる旅客機の世界では異例の「スピード退役」となっています。

関連記事(外部サイト)