東急「世界が憧れるまちづくり」実現へ クラウドファンディング企業と資本業務提携

東急「世界が憧れるまちづくり」実現へ クラウドファンディング企業と資本業務提携

東京と神奈川に路線網を持つ東急(恵 知仁撮影)。

これを第1号として「CVC」も開始しています。

 東急が2020年11月25日(水)、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する日本クラウドキャピタルと、資本業務提携したと発表しました。

 目指されているのは、「東急線沿線に関わる『誰もがフェアに挑戦できて、誰かの挑戦を応援できる世界』の実現」。

 この提携によって、東急線沿線に関わる人々によるスタートアップ企業・地域事業者への投資を通じたまちづくりへの参加機会を提供。そして、東急線沿線の生活をより豊かにする技術やサービスを持つスタートアップ企業・地域事業者の資金調達や、ファン獲得手段の多様化による成長機会の提供を推進するそうです。

 また東急は、これを第1号案件として「CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル:事業会社によるベンチャー企業への出資活動)」を開始。同社が掲げる「TOKYU 2050 VISION」における「東急ならではの社会価値提供による世界が憧れるまちづくり」実現に向け、新たな事業創造に取り組むとしています。

関連記事(外部サイト)