京成も10〜20分程度終電繰り上げへ あわせて初電繰り下げも 2021年春ダイヤ見直し

京成も10〜20分程度終電繰り上げへ あわせて初電繰り下げも 2021年春ダイヤ見直し

京成電鉄の3000形電車(画像:写真AC)。

本線の一部区間が対象です。

 京成電鉄は2020年11月27日(金)、本線の一部区間で終電時刻の繰り上げと初電時刻の繰り下げを行うと発表しました。

 変更時期は2021年春です。夜間保守作業などの時間確保や、新型コロナウイルス感染拡大の影響で深夜時間帯を中心に利用が大きく減少している状況を踏まえてダイヤを見直すといいます。

 終電は、本線の京成高砂〜京成津田沼間で10分程度、京成津田沼〜京成成田間で15〜20分程度、それぞれ繰り上がります。

 初電は宗吾参道〜京成津田沼間で5分程度、京成津田沼〜京成高砂間で10分程度、京成高砂〜青砥間で5分程度、青砥〜京成上野間で10分程度、それぞれ繰り下がります。

 このほかの線区では、終電繰り上げや初電繰り下げは計画されていません。

 見直し後のダイヤの詳細は、後日改めて発表されます。

関連記事(外部サイト)