「SL冬の湿原号」今期も運行 釧路〜標茶間で 車内ではサボなど販売 JR北海道

「SL冬の湿原号」今期も運行 釧路〜標茶間で 車内ではサボなど販売 JR北海道

釧路〜標茶間で運行される観光列車「SL冬の湿原号」(画像:JR北海道)。

2号車に「カフェカー」を連結して走ります。

 JR北海道は2020年12月22日(火)、今シーズンも観光列車「SL冬の湿原号」を1日1往復運行すると発表しました。

 区間は釧網本線の釧路〜標茶間。日にちは2021年1月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)、2月5日(金)、14日(日)、19日(金)、23日(火・祝)、27日(土)、28日(日)です。先頭の蒸気機関車と客車5両の計6両編成で運行されます。うち2号車は「カフェカー」です。

 列車は全車指定席。片道料金は、乗車券が1290円、指定席券が840円です。運行時刻は次の通り。

・釧路11:05発→東釧路11:12発→釧路湿原11:38発→塘路11:58発→茅沼12:12発→標茶12:35着
・標茶14:00発→茅沼14:25発→塘路14:50発→釧路湿原15:09発→東釧路15:35発→釧路15:42着

「カフェカー」の販売カウンターでは、数量限定で2021年オリジナルデザインのサボ(3500円)、エンブレム(3500円)、車票(2500円)などが販売されます。また、乗客には行き帰りでデザインの異なる乗車証明書が配布されます。

関連記事(外部サイト)