「赤豚」「ダメデゴイチ」 一部で嫌われたDD51形ディーゼル機関車 鉄道ファンの心理

「赤豚」「ダメデゴイチ」 一部で嫌われたDD51形ディーゼル機関車 鉄道ファンの心理

JR貨物のDD51形ディーゼル機関車(恵 知仁撮影)。

DD51形ディーゼル機関車の定期運用が、2021年3月13日のダイヤ改正で終了すると報道されました。このDD51形、登場当時は一部の鉄道ファンから嫌われた車両でもあります。SLより先に、姿を消すことになるのでしょうか。

DD51形が登場した目的は…

 2021年3月13日(土)のJRグループダイヤ改正で、DD51形ディーゼル機関車の定期的な運行が終了すると、2020年12月18日(金)に朝日新聞が報じました。

 現在、JR貨物の愛知機関区(愛知県稲沢市)に所属するDD51形だけが、三重県四日市市方面とのあいだで定期的に運用されていますが、それが終了するというものです。

 1962(昭和37)年から製造が始まったDD51形は、「北斗星」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」といった寝台特急からローカル線の普通列車、貨物列車のけん引まで、幅広く活躍。ですがその登場当時、歓迎ばかりではなかった車両でした。

 DD51形の製造目的には「SLを置き換える」というものがあり、その登場によってSLが去って行くことになるからです。心ない鉄道ファンからは「赤豚」「赤文鎮(凸型の車体形状から)」「ダメデゴイチ」などと呼ばれたこともあります。

 ただDD51形は、当時、SLに代わって列車をけん引するため、いくつかのタイプのディーゼル機関車が製造されるなか、必要な性能と安定性を持っていたことなどから量産され、国鉄の「無煙化」を推進。列車の近代化に貢献した車両でもあります(もっともそれが、一部の鉄道ファンには気に入らなかったわけですが)。

まだ残るDD51形 今後どうなる?

 DD51形は、JR貨物に所属する車両の定期運用がなくなるとのことですが、JR東日本とJR西日本にも残っており、臨時列車などでこれからもその姿を見ることはできるでしょう。こちらについて現在のところ、特に引退の動きは見えません。

 2021年は、JR西日本が山口線で例年運行しているSL「やまぐち号」が、蒸気機関車の検査、修繕のためディーゼル機関車けん引で運行するとしているので、そこで乗ることもできそうです。

 各地でSL列車を楽しむことが容易な現在、その置き換えを目的に登場したDD51形が姿を消していく状況。もっともといえばもっともですが、不思議なものです。

 ちなみにDD51形は、日本での活躍を終えた車両がミャンマーやタイ、マレーシアへ譲渡されています。

関連記事(外部サイト)