JR東日本と西武が手を携え目指すもの 乗換駅の共同開発も 新時代のニーズ模索

JR東日本と西武が手を携え目指すもの 乗換駅の共同開発も 新時代のニーズ模索

JR東日本のE7系新幹線と西武鉄道の2000系電車(画像:写真AC/草町義和撮影)。

ポストコロナも見据え、JR東日本と西武ホールディングスが連携して、新たなライフスタイルの創造やまちづくりなどを行います。いつも利用する場面では、両社の乗換駅がより便利になったり、駅ナカ施設に変化が出たりするかもしれません。

軽井沢でテレワーク JR東日本と西武の得意分野を掛け合わせ…

 ポストコロナも見据え、JR東日本と西武ホールディングスは2020年12月23日(水)、新たなライフスタイルの創造やまちづくりなどを連携して進めると発表しました。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、働き方を含めて暮らしが激変している昨今、そこから生まれる新たなニーズに応えるため、両社が持つノウハウを組み合わせるといいます。

 JR東日本は新幹線をはじめとした列車で長距離・速達輸送を行っています。西武ホールディングスは、グループ会社が運営するプリンスホテルを各地に所有しています。コロナ禍でテレワークが普及しつつある今、両社はシェアオフィスを拡充し、多様な働き方をサポートします。

 例えば長野県の軽井沢へ新幹線を使って観光に行き、翌日も都心へ戻ることなく軽井沢プリンスホテルで仕事をし、また翌日は休暇にあてる、といった具合です。軽井沢のほか、新宿や新横浜など都心のプリンスホテルにも利用プランが設定されています。

 一方で、テレワークによってコミュニケーションが不足したり、心身の健康が不安定になったりするという報告もあります。両社の取り組みでは、軽井沢をモデルケースに、企業向け研修プランも設定。食体験やスポーツなどを通じ、生産性向上を図ります。

 これは仕事と休暇を組み合わせた「ワーケーション」の商品として発売が予定されており、新幹線の往復とプリンスホテルの宿泊がセットです。今後は軽井沢のほか、新潟県の苗場や岩手県の雫石でも順次、展開されます。

なぜJR東日本と西武が手を組むのか

 首都圏には、高田馬場駅(東京都新宿区)や拝島駅(同・昭島市)など、JR東日本と西武鉄道の乗り入れ駅が計6か所あります。同じ駅名を名乗り隣接していても、運営会社が違えばホームや駅ナカ施設は別個になるのが通例です。しかしJR東日本と西武ホールディングスは、乗り入れ駅を「共通の拠点」と捉え、全体最適の観点で開発連携していくといいます。

 例えば、駅ナカのコンビニをJR東日本が運営するならば、西武ホールディングスは競合するコンビニではなくカフェを運営する、といったケースです。また、乗換駅の利便性向上などの可能性も探るといいます。

 ちなみに、両社が今回連携するに至った理由について、JR東日本の深澤祐二社長は「コロナ禍、世間の変化に遅れることなくレベルとスピードを上げて対応しようとしたとき、お互いの得意分野を掛け合わせてできることを考えました。以前から、東京〜軽井沢間で臨時新幹線『プリンスエクスプレス』を運行し、ホテルとセットになったツアーを企画するなど、親密な関係でしたから」と話しています。

※一部修正しました(12月24日11時19分)。

関連記事(外部サイト)

×