鉄道施設や車両の定期検査を柔軟化 東京オリ・パラの深夜輸送に配慮 国土交通省

鉄道施設や車両の定期検査を柔軟化 東京オリ・パラの深夜輸送に配慮 国土交通省

夜間に行われる線路関係の保守作業(画像:京王電鉄)。

オリパラ深夜輸送、国も対策を進めています。

 国土交通省は2020年12月22日(火)、「施設及び車両の定期検査に関する告示」について特例を告示し、定められた検査期間から1ヶ月前倒しして検査することを可能にすると発表しました。

 鉄道施設の定期検査は、毎年同じ時期に行うこととされています。今回の特例で、検査を行う期間を、施設ごとに決められた「基準日」の前後1ヶ月間から、2021年度に限りさらに1ヶ月前倒しして行ってもよいことになりました。ただし、検査を行う間隔は、現行通り1年3カ月を超えてはならないとされます。

 この特例措置は、2021年度7月〜9月に予定されている東京オリンピック・パラリンピックに伴い、首都圏の鉄道で深夜輸送が行われることによって、終電後の検査が行えなくなる懸念に対応するものです。

関連記事(外部サイト)