トヨタ2人乗りEV「C+pod」発売 普通充電で150km航続 個人向けは2022年から

トヨタ2人乗りEV「C+pod」発売 普通充電で150km航続 個人向けは2022年から

2人乗りの超小型EV「C+pod(シーポッド)」(画像:トヨタ)。

小回りや充電しやすさが特徴です。

 トヨタ自動車は2020年12月25日(金)、2人乗りの超小型EV「C+pod(シーポッド)」を発売したと発表しました。

 C+podは全長2,490mm×全幅1,290mm×全高1,550mmで、最小回転半径は3.9mです。一般的な家庭用コンセントを用いる「普通充電」に対応し、単相200V/16Aでは約5時間で満充電。航続距離は150kmです(WLTCモード値 クラス1)。また、車両や自転車、歩行者を検知可能なプリクラッシュセーフティや、低速走行時のパーキングサポートブレーキなど安全機能も装備しています。

 今回は法人ユーザーや自治体が対象となる限定販売で、個人向けの販売は2022年開始を予定しています。

 C+pod発売にあたり、中部電力ミライズとの共同で、充電設備工事とEV向け電力プランを包括的にサポートするサービス「TOYOTA GREEN CHARGE」が開始。関西電力、東京電力とも提携を行います。また、トヨタのカーシェアサービス「TOYOTA SHARE」を活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」へも展開されていく予定です。

関連記事(外部サイト)