距離13km弱 ユニークすぎる「日本最短航空路線」の機内とは RAC南大東〜北大東線に乗った

距離13km弱 ユニークすぎる「日本最短航空路線」の機内とは RAC南大東〜北大東線に乗った

南大東空港を出発するRACのボンバルディアDHC8-Q400CC(2020年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

JALグループのRACが運航する北大東〜南大東線は、距離にして13km弱、フライト時間に至っては10分に満たないこともある「日本最短航空路線」です。実際にその路線に搭乗してきました。機内の様子も普段のフライトとは違います。

東京駅〜羽田空港の距離を定期便でフライト

 日本最短の航空定期便が、沖縄本島からさらに約400km離れた絶海の離島に存在します。JAL(日本航空)グループで、同県を拠点とする地域航空会社、RAC(琉球エアーコミューター)が運航する、北大東〜南大東線です。

 

 南大東〜北大東線は、1997(平成9)年10月に開設。この2空港間の直線距離は13km弱で、この距離は、東京駅から羽田空港とほぼ同程度です。時刻表上の所要時間は20分。もちろんこの時間は地上走行などを含めたもので、実質的な飛行時間、すなわち空中滞在時間となると、10分にも満たないこともある「超ショートフライト」といえるでしょう。2020年12月、この路線に実際に乗ることができました。

 この路線で使用される飛行機は、50席を配するターボプロップ機、ボンバルディアDHC8-Q400CCです。機番末尾の「CC」は「カーゴコンビ(貨客混載型)」を意味しており、胴体後方約3分の1のエリアが貨物室というユニークなレイアウト。国内航空会社ではRACのみが導入しているモデルで、「多くの島々で構成された沖縄圏域のお客さまのご移動のみならず貨物輸送にも優れた輸送能力を持つ機材」(RAC)としています。

 搭乗したのは、2020年12月の南大東発、北大東行きの835便。北大東到着後、この飛行機は、848便として那覇空港へ向かいます。座席は会社員らしき人達でほぼ満席の状態。とある島民によると、「12月は年末の公共工事が入っている関係で、特に業者さんが多い」のだそうです。

いよいよ搭乗! フライト時間や航路、機窓からの景色は?

 南大東空港、および北大東空港は、搭乗口から一旦外に出て、徒歩で機体に乗り込むスタイルです。この日の南大東発北大東行きのRAC835便は、定刻の14時40分より少し遅れた、15時4分に動き出しました。

 その4分後、15時8分に同便は北向きに離陸し、その後右方向に旋回。短い飛行時間ですが、通常のフライトと同じように離陸直後に車輪をしまいます。

 その後同便は南大東島の東海上で右旋回を継続。約360度まわり、ちょうど左側の窓から離陸した南大東島が見えたところで、先ほどしまったばかりの車輪を降ろします。南大東空港を横目にした約3分後、北大東島に着陸しました。着陸時刻は15時15分。フライト時間は実質7分程度です。ベルトサインはもちろんフライトを通して点灯したままでした。

 同便が駐機場に到着したのは、15時18分。その後、同便の乗客は一旦、北大東空港で全員降り、搭乗待合室で待機となります。この路線は、那覇へ向かう人が大多数のため、多くの人が再び同じ機体に乗り込みます。ただし、席は改めて割り当てられるようです。

 ちなみに、この路線では「三角運航」と呼ばれる、国内の定期旅客便としては珍しい機材繰りをしています。火、水、木曜は那覇→南大東→北大東→那覇、月、金、土、日曜は那覇→北大東→南大東→那覇というように、曜日によって回り方を変え、おもに南北大東島と那覇間の人の往来を支えています。このほか、南大東〜那覇の直行便も、1日1便運航されています。

【飛行時間短ッ!】動画で見る「日本最短航空路線」

関連記事(外部サイト)