「鬼ヶ島」行きフェリー引退へ 雌雄島海運「めおん」 デビュー34年で世代交代

「鬼ヶ島」行きフェリー引退へ 雌雄島海運「めおん」 デビュー34年で世代交代

引退するフェリー「めおん」(画像:雌雄島海運)。

島の洞窟のなかには鬼がいます。

デビュー34年 新造船に交代

 雌雄島海運の高松〜女木島〜男木島航路で使われてきたフェリー「めおん」が、2021年2月28日(日)に同航路からの引退を迎えます。

「めおん」は1987(昭和62)年就航。以来34年にわたり高松港と、瀬戸内海に浮かぶ女木島・男木島を結ぶ航路で使われてきました。「めおん」は、同航路の主船「めおん2」の予備船という位置付けですが、2021年2月に竣工する新造船の「めおん」に役割をバトンタッチする予定です。

 現「めおん」は2月20日(土)からラストクルーズとして、高松〜女木島〜男木島航路で運航されます。船内はお別れの装飾や歴代船舶の写真展示などが行われます。

 最終日の2月28日(日)は高松港で「お別れ式」が開かれる予定です。感染拡大防止の観点から、式の出席は招待者・関係者のみですが、正午発の最終便は一般の人も乗船できます(混雑時は人数調整の可能性あり)。

 ちなみに女木島は、香川県で桃太郎伝説の「鬼ヶ島」であるとも言われ、島内には「鬼の洞窟」などの観光スポットもあります。

関連記事(外部サイト)