全長1400kmの道も!「ナショナルサイクルルート」ビワイチ他に続き3ルート追加へ 国交省

全長1400kmの道も!「ナショナルサイクルルート」ビワイチ他に続き3ルート追加へ 国交省

最初の指定ルートのひとつ「ビワイチ」(琵琶湖一周)の風景(画像:滋賀県)。

誰でも楽しめるサイクリングロードを目指します。

サイクリングロードの「日本代表」が3ルートから6ルートへ

 国土交通省は2021年1月29日(金)、国が指定するサイクリングロード「ナショナルサイクルルート」について、現在の3ルートに加えて新たに3ルートの候補を選定したと発表しました。

「ナショナルサイクルルート」は、近年レジャーとして自転車による旅行の人気が高まっていることから、サイクルツーリズムを国として推進するため、国内外にPRできるルートとして、ソフト・ハード両面から一定の水準を満たすルートを国が指定するものです。

 2019年に最初のルートが選定され、「つくば霞ヶ浦りんりんルート」「ビワイチ」(琵琶湖一周ルート)、「しまなみ海道サイクリングロード」が登録されています。

 今回候補として選定されたのは、下記の3ルートです。

・トカプチ400
 北海道帯広市のJR帯広駅を起点とし、北側は上士幌町の三国峠、南側は豊頃町・大樹町の太平洋岸へ至る、全長約400kmのルートです。2015(平成27)年に関係団体の連携を図るため「十勝サイクルツーリズム研究会」が設置され、ルート整備やPRが行われてきました。

・太平洋岸自転車道
 千葉県銚子市を起点に、和歌山県和歌山市に至る全長1400kmの自転車道で、太平洋岸に指定された6県がそれぞれ管理の自転車道を中心に構成されるルートです。統一コンセプトの元に各管理者が連携し、自転車専用区間の整備に加え、案内看板や路面標示などの整備を進めています。

 1973(昭和48)年に構想が誕生し、2019年には国と県・市で構成されるナショナルサイクルルート指定に向けた推進協議会が設置されました。

・富山湾岸サイクリングコース
 富山県氷見市から朝日町まで富山県内の日本海岸を結ぶ約102kmのルートです。途中、鉄道の美しい車窓でも知られる雨晴海岸や、蜃気楼の名所として名高い魚津市などを通ります。

 2014(平成26)年から案内看板や標識などの設置が始まり、2018年に関係機関で「富山県サイクリングコース整備連絡調整会議」が設置され、取り組みが進められてきました。

* * *

 今回の新たなルート候補選定のあと、第三者委員会による審査を経て、ルート設定・走行環境・受け入れ環境・情報発信・取り組み体制の5つの要件をふまえて適切かどうか判断したのち、指定ルートが決定される予定です。
 

関連記事(外部サイト)

×