気がつけばあと4両 絶滅危惧種の事業用車「クモヤ143形」 一部は乗務員の訓練用に

気がつけばあと4両 絶滅危惧種の事業用車「クモヤ143形」 一部は乗務員の訓練用に

山手線内回りで高速軌道試験車マヤ34形をけん引するクモヤ143形(伊藤真悟撮影)。

JR東日本にはわずか4両だけが残っている車両がいます。それがクモヤ143形です。事業用車両のため派手な運用はありませんが、E493系事業用電車が投入されると姿を消してしまうかもしれません。

かつては急行列車の先頭に立ったことも

 JR東日本に在籍している事業用車「クモヤ143形」が絶滅の危機に瀕しています。

 クモヤ143形は、首都圏の山手線や京浜東北線などの保安装置がATC(Automatic Train Control=自動列車制御装置)化される際、それまで使用していたクモヤ90形が老朽化していたこともあって、1977(昭和52)年から1980(昭和55)年にかけて0番台21両が新製されました。

 主な使用目的は、電車区(車両基地)での構内入換や、車両工場で検査のための入出場、廃車時などの車両けん引です。浦和電車区(現・さいたま車両センター)や松戸電車区(現・松戸車両センター)、品川電車区(現・東京総合車両センター)などに配置され、編成が解かれた103系電車などをけん引したほか、軌道検測用のマヤ34形客車もけん引しています。

 回送列車という地味な運用についていたクモヤ143形ですが、1987(昭和62)年1月から3月にかけて165系電車を使用した逗子発南小谷行き(復路は信濃森上発逗子行き)の臨時急行「白馬山麓スキー号」が運転された際、経由する根岸線・京浜東北線の大船〜東神奈川間がATC区間のため、逗子〜橋本間ではATC装置を搭載しない165系電車の前にクモヤ143形を連結するという、珍しい姿も見られました。

 臨時急行「白馬山麓スキー号」は1988(昭和63)年と1989(昭和64・平成元)年の1月・2月にも運転。1992(平成4)年には大船〜甲府間で「ホリデー快速やまなし号」、1993(平成5)年には同じく大船〜甲府間で「ホリデー快速やまなしピクニック号」も運転され、同様にクモヤ143形が先頭に立っています。

ATCを搭載しないクモヤ143形も

 このように首都圏を中心に使用されてきたクモヤ143形でしたが、1992(平成4)年になると「クモヤ143-3」が山形新幹線用のけん引車用として「クモヤ743-1」へと改造。2002(平成14)年にはマヤ34形の置き換え用としてE491系「East i-E」が登場するとともに、工場に入出場する車両が編成単位となったことから、次第にクモヤ143形を使用する機会は減少し、廃車が続出するようになりました。

 この結果、2020年4月現在で車籍を持つクモヤ143形0番台は、東京総合車両センターの「クモヤ143-8」と「クモヤ143-9」の2両だけです。

 廃車となったクモヤ143形のうち、「クモヤ143-18」は新秋津のJR東日本 八王子総合訓練センター、「クモヤ143-21」は東大宮のJR東日本 東京・大宮総合訓練センターで、それぞれ機械扱いの訓練用車両となりましたが、「クモヤ143-18」は2010(平成22)年に長野総合車両センターに送られて解体されています。

 クモヤ143形は0番台以外にも50番台の車両がいます。こちらは荷物輸送廃止に伴い余剰となったクモニ143形を1986(昭和61)年に改造したもので2両が登場。現在、「クモニ143-51」が新潟車両センター、「クモヤ143-52」が長野総合車両センターに配置されています。このクモニ143形50番台は車体色がクモニ143形時代からの湘南色で、ATCを搭載していないのが特徴です。

 JR東日本では2021年春以降、車両の入換作業や回送列車のけん引用にE493系事業用電車を首都圏エリアで先行投入。性能試験を実施後に運用を開始する予定です。これにより、4両が残るクモヤ143形は姿を消してしまうかもしれません。

関連記事(外部サイト)