東海道線「村岡新駅」設置で神奈川県とJR東日本などが合意 大船〜藤沢間

東海道線「村岡新駅」設置で神奈川県とJR東日本などが合意 大船〜藤沢間

村岡新駅南側の完成イメージ(画像:神奈川県)。

貨物駅や車両工場跡地のまちづくりも行われます。

貨物駅・車両工場跡地のまちづくりも進む

 神奈川県と藤沢市、鎌倉市は2021年2月8日(月)、東海道本線の村岡新駅(仮称)設置についてJR東日本と合意し、覚書を締結したと発表しました。

 新駅は大船駅から約2.6km、藤沢駅から約2.0kmの場所に設置されます。費用負担割合は、神奈川県30%、藤沢市27.5%、鎌倉市27.5%、JR東日本15%です。開業は2032年頃になる見込みです。

 新駅周辺では、1985(昭和60)年に廃止された旧国鉄湘南貨物駅の跡地(藤沢市村岡地区)と、2006(平成18)年に閉鎖されたJR東日本旧大船工場の跡地(鎌倉市深沢地区)で一体的な再開発が進められています。

関連記事(外部サイト)