爆売れ中!? ANA「家で機内食」のハンバーグ 市販の「冷食ハンバーグ」と食べ比べると?

爆売れ中!? ANA「家で機内食」のハンバーグ 市販の「冷食ハンバーグ」と食べ比べると?

ANA国際線エコノミークラス機内食メインデイッシュ洋食第2弾「ビーフハンバーグステーキ デミグラスソース」(2020年2月、乗りものニュース編集部撮影)。

新型コロナ感染拡大の状況下、ANAが「家で食べられる機内食」を販売しています。そのなかで、洋食メニューの“花形”のひとつであるハンバーグは、ライバルも多いといえそうです。一般的な「冷食ハンバーグ」と食べ比べを実施しました。

2月3日は開始直後に完売……

 新型コロナウイルス感染拡大の状況下、ANA(全日空)が2020年12月から、平素、国際線エコノミークラスで提供されている機内食メインディッシュを、公式通販サイト「A-style」および楽天市場で、インターネット通販する取り組みを実施しています。2021年2月現在、この取り組みは絶好調のようで、ANAによると2月3日(水)の販売回では、開始直後に完売となったそうです。

 この機内食は、3種類を4食ずつ、計12食の「詰め合わせ」にして税込み9000円で販売しており、冷凍状態で届くため、味わう際はレンジで解凍して食べます。2021年現在のラインナップは、たとえば洋食メニューの場合、「ビーフハンバーグステーキ デミグラスソース」「赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ」「シーフードのトマト煮 バジル風味」の3種類です。

 これらの洋食ラインナップのなかでも、“花形”のひとつといえばハンバーグでしょう。とはいえ“花形”だからこそ、市井においても真空パックのものからチルド、冷凍に至るまで様々な形態で販売されており、それらと比べてANA機内食のハンバーグはどれほどなのか気になるもの。

 そこで、一般的な冷凍食品ものとANA機内食のものに、どのような差があるのか、食べ比べ、その人たちから感想を聞きました。

食べ比べた人に聞く感想 機内食ならではのこだわりは?

 ANAの「家で食べられる機内食」と、市販の冷凍食品のハンバーグを食べ比べた人からは、次のような感想が寄せられています。

・ANA機内食は、肉汁溢れる感じでジューシーです。また、ワンプレートでご飯やトロトロのオムレツまで入っているので、さまざまな楽しみ方ができます。レンジ調理なのに、卵がトロトロなのは、技術的には非常に難しいのでは……。

・意外なポイントとしては、ANA機内食のハンバーグはレトルトものに比べても、よい意味で肉肉しい感じが残っていたことです。万人受けを狙いがちな機内食にもかかわらず、お肉を食べている満足感に欠けることがないところでバランスを取っているのは、スゴイと思います。

・機内食ということで薄味のイメージがあったのですが、しっかりと味がついていて、まるでホテルで提供されるようなハンバーグという印象を受けました。一般のレトルトハンバーグと比較すると、歯応えや味の濃さと共に優しさがある印象です。ライスもバターの風味がしつこくなく、ソースと絡めることで最後まで飽きずに食べることができるのもポイントでしょう。

 なおANAグループの機内食担当部署は以前、取材に対して機内食の工夫を「特別な配合で引く出汁などを使用して、しっかりとしたメリハリのある味付けにしています。とはいえ、気圧の関係で生じる味覚の変化に対応できるようにしているものの、単に塩味を強くするといったことではありません。また、食事では彩りも大切なので、食欲を刺激するような色合いも工夫しています」とコメントしています。

関連記事(外部サイト)