旅客化検討の「新金線」沿線に新路線バス 葛飾で京成グループが2月から

旅客化検討の「新金線」沿線に新路線バス 葛飾で京成グループが2月から

京成バス(左)と京成タウンバスの車両(画像:京成バス)。

京成バスと京成タウンバスで「回り方」が異なります。

新小岩駅と京成小岩駅、小岩駅をつなぐ

 京成バスと京成タウンバスは2021年2月9日(火)、葛飾区内の新路線バス「細田循環線」の運行を2月22日(月)から開始すると発表しました。

 JR新小岩駅を起点に、葛飾区の細田、鎌倉、奥戸、東新小岩地域を循環する系統です。新小岩と京成小岩、小岩の各駅をつなぐほか、地域を南北に結び旅客化も議論されているJRの貨物線「新金線」(小岩〜金町)を2度通過します。葛飾区との協働で実現に至ったそうです。

 系統番号は「細02」で、京成小岩駅を先回りする「外回りルート」を京成バスが1日12本(全日)、小岩駅北口を先回りする「内回りルート」を京成タウンバスが1日16本(平日のみ)運行します。

 この路線は2023年度末までの運行予定ですが、「利用状況によっては変更となる場合があります」とのことです。

関連記事(外部サイト)