高速道路「青色通行券」とは? ETC車のための激レア通行券 なぜ存在

高速道路「青色通行券」とは? ETC車のための激レア通行券 なぜ存在

東名東京料金所(ドラレコ画像)。

高速道路の有人レーンで発行される通行券、通常は薄い黄色や緑の券ですが、「青色通行券」なるものもあります。ただし、発行されるタイミングが限られたレアな存在です。

ETC車に関係する通行券って?

 高速道路におけるETCの利用率は、今や9割を超え、有人の一般レーンで通行券を受け取るケースは少なくなっているかもしれません。しかし、なかにはETC車のために用意された通行券も存在します。

 それが「青色通行券」と呼ばれるもの。通常の通行券は薄い緑や黄色の券ですが、一般レーンで青地の通行券が発行されることがあります。

 NEXCO中日本によると、これはETCレーンが機器の点検などで全て閉鎖されている場合に、一般レーンで発行されるとのこと。これを出口の一般レーンで提示すれば、ETC時間帯割引などの適用を申告しなくても、料金収受員から声掛けするといいます。

 つまり、入口でETCが利用できなかったことを、収受員が一目で判別できるようにすることで、「お客さまの負担軽減と割引の適用漏れを防止するために発行するもの」だそう。出口における事実確認の円滑化が目的だということです。

 ただし、閉鎖時間が短い場合や特別な事情がある場合は、通常の通行券を発券することがあるといいます。その場合は出口の一般レーンで、入口ETCレーンが閉鎖されていたことや、ETC時間帯割引などの適用について収受員に申し出れば、車載器の有無や割引条件の有無を確認したうえで、割引を適用するということです。

 一方、NEXCO東日本によると、同社管内では青色通行券を使っていません。出口料金所でドライバーから通常の通行券とETCカードを預かり、諸条件を確認したうえでETC割引を案内しているとのこと。いずれにしても、青色通行券はレアな存在であるようです。

関連記事(外部サイト)