「サンダーバード」「やくも」ほぼ半減 JR西日本 3月以降も新幹線・特急減便

「サンダーバード」「やくも」ほぼ半減 JR西日本 3月以降も新幹線・特急減便

特急「サンダーバード」(恵 知仁撮影)。

3月ダイヤ改正以降も「当面のあいだ運休」の列車が多いです。

北近畿方面の特急もほぼ半減

 JR西日本は2021年2月12日(金)、ダイヤ改正が実施される3月13日(土)以降の北陸新幹線および在来線特急の運行計画について発表しました。

 運行計画が変更となる列車は次の通りです。

・北陸新幹線「つるぎ」定期6本、臨時2本運休:金沢〜富山間で1日あたり最大36本運行のところ、当面のあいだ平日28本、土休日27本に。

・特急「サンダーバード」定期14本、臨時8本運休:大阪〜金沢間で1日あたり最大50本運行のところ、当面のあいだ28本に。

・特急「くろしお」定期7本、臨時6本運休:新大阪〜和歌山間で1日あたり最大36本運行のところ、当面のあいだ24本に。

・特急「こうのとり」定期8本、臨時4本運休:新大阪〜福知山間で1日あたり最大28本運行のところ、当面のあいだ16本に。

・特急「きのさき」「はしだて」「まいづる」定期17本、臨時2本運休(3列車合計):京都〜福知山間で1日あたり最大30本運行のところ、当面のあいだ18本に。

・特急「やくも」定期14本運休:岡山〜出雲市間で1日あたり最大30本運行のところ、当面のあいだ16本に。

 なお、もともと指定席の発売を見合わせていた臨時列車は、当面のあいだ運転を取りやめるそうです。

関連記事(外部サイト)