京都市交通局 過去最大級の赤字で合理化に舵 減便 設備投資抑制 「京カード」廃止etc…

京都市交通局 過去最大級の赤字で合理化に舵 減便 設備投資抑制 「京カード」廃止etc…

京都市営バス(画像:Phuong Nguyen Duy/123RF)。

京都市の地下鉄とバスを運行する交通局が、新型コロナの影響で過去最大レベルの赤字を計上する見込み。2021年度は徹底的なコスト削減と事業の見直しを図ります。従来のサービスは、大きく転換を余儀なくされます。

2021年度予算概要発表 厳しい現実が赤裸々に

 京都市交通局が2021年2月10日(水)、2021年度の予算概要を発表しました。新型コロナの影響による厳しい経営状況を背景に、数々の「合理化」施策が打ち出されており、日常の足への影響は避けられない見込みです。

 2021年度予算は地下鉄で58億円、市営バスで56億円の赤字を見込んでいます。地下鉄事業については収支改善に向けた計画策定が義務付けられる「経営健全化団体」に転落する可能性が高いとのこと。また市営バスは、1999(平成11)年に計上した過去最大の赤字予算(▲62億円)に匹敵する規模であり、累積資金不足が過去最大を更新する見込みだそうです。

 この状況を踏まえ、「日々の安全運行や新型コロナウイルス感染拡大防止対策のための予算を確保しつつ、あらゆる事業を点検し、緊縮予算を編成」するなどとし、主に、次のような合理化策を打ち出しています。

●市営地下鉄
・IC・磁気券併用の自動改札機のIC専用化や、券売機の設置台数減による保守管理費の削減。
・烏丸線の駅におけるホーム柵整備や、そのための車両改造の先送り(すでに設計中の北大路駅は推進)。
・「運行情報等お知らせモニター」設置など安全安心に直結しない事業の延期。
・毎週金曜日の終電延長(コトキン・ライナーの運行)休止。

●市営バス
・利用状況に見合ったダイヤ見直し、および6両減車に伴う車両修繕費などの縮減や市バス車両に係る特別清掃の見直し。
・観光客の減少に伴う「おもてなしコンシェルジュ」の活動時間の縮小。
・均一運賃区間の全系統への「前乗り後降り」方式拡大の延期。
・バス車両購入費の平準化(リースによるバス車両の調達、車両購入計画の見直し)。

●地下鉄・バス共通
・企画乗車券の価格適正化(2021年10月実施)。
・「トラフィカ京カード」「昼間回数券」発売停止(2021年10月実施)。
・各種割引乗車券、乗り継ぎ割引などからポイントサービスへの転換(2023年4月実施)。

 また、職員の給与についても、局長クラスで6.0%減などの減額が実施されます。

「バス1日券」も値上げか?

 利用者にとって、とりわけ大きな影響を及ぼしそうなのが、企画乗車券類の見直しです。

 そのなかで「トラフィカ京カード」は、バス(市営バスおよび京都バス)と地下鉄共通の磁気式プリペイドカードで、1000円で1100円分、3000円で3300円分使えるというもの。この廃止に利用者から戸惑いの声が上がっていると、2月11日付け京都新聞が報じています。

 また京都市交通局によると、価格の見直しは観光客に人気の高い600円の「バス1日券」など、すべての企画乗車券類に及ぶそうです。

 その一方で、現在進行形の設備投資や、利用促進策は予定通り推進されます。

 市営バスでは、高雄地域への均一運賃区間の拡大、8号系統の栂ノ尾への延伸、西日本ジェイアールバスとの「バス1日券」や「市内中心フリー定期券」などの共通利用化が、この3月に実施されます。

 地下鉄では、烏丸線の新型車両が2021年度から運転を開始します。京都市交通局によると、烏丸線の車両は更新時期を迎えており、安全対策としても更新は予定通り進めていくとのこと。このほか、市営地下鉄開業40周年事業として、新型車両の見学会や試乗会も実施するということです。

 新型コロナ以前の京都市は、訪日外国人などの急速な増加を背景に、公共交通期間の利用促進を図る一方で、市営バスは混雑対策に追われていました。一部の系統で従来の「後ろ乗り・前降り」から「前乗り・後ろ降り」に乗降方式を改めたり、500円だった「バス1日券」を600円に値上げしたりしたのも、混雑緩和を目的としたものでしたが、こうした施策も大幅な転換を余儀なくされることになります。

関連記事(外部サイト)