停車駅は新幹線並み 那須塩原〜仙台間の臨時快速を運行 地震による東北新幹線不通受け

停車駅は新幹線並み 那須塩原〜仙台間の臨時快速を運行 地震による東北新幹線不通受け

東北新幹線で使われるE5系電車(恵 知仁撮影)。

1日2往復の運転です!

1日2往復

 JR東日本が2021年2月19日(金)、東北本線の那須塩原〜仙台間に臨時快速列車を運転すると発表しました。

 2月13日(土)に発生した福島県沖地震の影響により、東北新幹線が一部区間で運転を見合わせていることを受けたもの。運転日は2月21日(日)から23日(火・祝)まで。

 東京〜那須塩原間の新幹線「なすの」に那須塩原駅で接続する形で、1日2往復の運転。全車自由席の快速列車であるため、乗車券のみで利用できます。

 那須塩原〜仙台間の停車駅は新幹線と同等の新白河、郡山、福島、白石で、所要時間は2時間半強程度。新幹線と組み合わせ、東京〜仙台間が約4時間で結ばれます。

 JR東日本によると、臨時快速列車が混雑した場合は、後続の普通列車を案内する場合もあるそうです。

関連記事(外部サイト)