今年も販売 北海道内の特急自由席OK「北海道&東日本パス」のオプション券

今年も販売 北海道内の特急自由席OK「北海道&東日本パス」のオプション券

特急「おおぞら」に使われるキハ283系ディーゼルカー(2009年10月、恵 知仁撮影)。

空いていれば、新青森〜新函館北斗間の新幹線も乗れます。

組み合わせるオプション券の枚数に制限なし

 JR北海道とJR東日本は2021年も、企画乗車券「北海道&東日本パス」と組み合わせると北海道新幹線や北海道内の特急列車が利用できる「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」を販売します。

「北海道&東日本パス」は、JR北海道とJR東日本の普通列車(快速含む)の普通車自由席やBRT(バス高速輸送システム)が連続7日間乗り放題になるきっぷ。青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行も利用可能です。値段は大人1万1330円、子ども5660円。2021年の販売期間と利用期間は次のとおりです。

●春季
・販売期間:2月20日(土)〜4月16日(金)
・利用期間:3月1日(月)〜4月22日(木)
●夏季
・販売期間:6月20日(日)〜9月24日(金)
・利用期間:7月1日(木)〜9月30日(木)
●冬季
・販売期間:12月1日(水)〜2022年1月4日(火)
・利用期間:12月10日(金)〜2022年1月10日(月・祝)

「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」は、有効な「北海道&東日本パス」と組み合わせることで、北海道新幹線(新青森〜新函館北斗)の空いている席と、北海道内の特急列車の普通車自由席が1日間乗り放題になります。なお、1枚の「北海道&東日本パス」に対して組み合わせるオプション券の枚数に、制限はありません。また、新青森〜新函館北斗間以外の区間にまたがって新幹線を利用する際は、新幹線乗車全区間の運賃と料金が必要です。

 オプション券の値段は大人6110円、子ども3050円。利用期間は「北海道&東日本パス」と同じですが、お盆期間と年末年始を除きます。販売はそれぞれの時季の利用期間最終日まで行われます。

「北海道&東日本パス」「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」とも、JR北海道、JR東日本の主な駅などで販売されます。

関連記事(外部サイト)