「ひなまつり版ひっぱりだこ飯」27日発売 掛け紙も中身も「桃の節句」演出

「ひなまつり版ひっぱりだこ飯」27日発売 掛け紙も中身も「桃の節句」演出

「ひなまつり版ひっぱりだこ飯」(画像:淡路屋)。

今回も期間限定です。

掛け紙のタコは「男雛と女雛」風に

 淡路屋が2021年2月27日(土)、駅弁「ひっぱりだこ飯」のシリーズ最新作「ひなまつり版ひっぱりだこ飯」を発売します。

 コロナ禍のなか、期間限定の「ひっぱりだこ飯」として、2020年10月にハロウィン版、同年12月にクリスマス版が登場。淡路屋は「いずれも好評いただき、『行事ごとに発売してほしい』とのご要望を複数頂戴いたしました」としており「二度目の緊急事態宣言が続く今、少しでも明るい話題をお届けすべく」ひなまつり版の発売を決定したといいます。

 中身は、明石ダコ旨煮やはまぐり煮、三色かまぼこなどを盛り付け。掛け紙は、お馴染みのタコが「男雛と女雛」風で描かれています。値段は1折1100円(税込)。淡路屋の新神戸店、神戸店、西明石店、芦屋店、西神中央店、神戸阪急店、神戸大丸店などのほか、オンライン店舗でも購入が可能。販売は3月3日(水)までです。

関連記事(外部サイト)