国分寺駅のホームドア間もなく使用開始 多摩湖線ホームは西武初「軽量型」採用

国分寺駅のホームドア間もなく使用開始 多摩湖線ホームは西武初「軽量型」採用

国分寺駅5番ホームのホームドア(画像:西武鉄道)。

国分寺線ホームは3月2日午後に使用開始です。

2020年度内に高田馬場、所沢でも設置予定

 西武鉄道は2021年3月2日(火)13時35分ごろから、国分寺駅(東京都国分寺市)5番ホームでホームドアの使用を開始します。同ホームは、国分寺線の電車が発着します。

 ホームドアは、高さ1.4mほどのドアが横にスライドする従来型。西武鉄道ではすでに、池袋駅や練馬駅(同・練馬区)で稼働しています。

 また3月中には多摩湖線の電車が発着する7番ホームでも、ホームドアの使用が開始されます。こちらは西武鉄道で初となる「軽量型ホームドア」。可動部にパイプ状のドアパネルを用い、戸袋部もコンパクトな構造です。

 西武鉄道は2020年度内に、高田馬場、所沢の各駅でもホームドアを設置する予定です。

関連記事(外部サイト)

×