JAL コロナで13か月延期の「羽田〜モスクワ線」開設 便利になった「羽田発着」以外の点

JAL コロナで13か月延期の「羽田〜モスクワ線」開設 便利になった「羽田発着」以外の点

モスクワに向け出発するJL49便「JA842J」(2021年4月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

いつか大手を振って行ける日が来ることを祈るのみ!

操縦士「素敵な時間を過ごしていただける未来が来ることを…」

 JAL(日本航空)が2021年4月22日(木)、羽田〜モスクワ線を定期便開設しました。この初便となる同日のJL49便出発前、羽田空港でセレモニーが実施されています。

 この路線は、当初2020年3月29日の羽田空港国際線発着枠の拡大を受けて、成田発着から移管する形で開設予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染拡大による、国際線需要の大幅な減退の影響をうけ、定期便開設を延期。約1年1か月後ろ倒しでの運航開始です。初便は、186席仕様のボーイング787-8、JA842Jで運航されています。

 なお同路線は、2020年7月からは定期便ではなく、臨時便扱いで運航されていました。このときは、モスクワ発羽田行きはヘルシンキ(フィンランド)経由だったそうですが、定期便開設に合わせ、直行便での運航に切り替わります。

 ちなみに従来の成田〜モスクワ線よりも、東京からのアクセスが良くなることはもちろんですが、アピールポイントはこれだけではありません。これまでモスクワ線では、ドモジェドボ空港を使用していましたが、今回の開設でシェレメチェボ空港に使用空港を変更。この空港は「モスクワ市内中心部からの交通アクセスが良く、欧州のエアポート・サービス・クオリティ・アワードの上位にランキングされている」とのことです。

 初便の搭乗者は29人で、定刻どおり10時40分ごろ、羽田空港を出発しました。出発時は、乗客に記念品が配布され、スタッフが横断幕で見送りがされたほか、当該便のパイロットが登壇し話しました。同氏は、「モスクワは魅力に溢れた町です。この町で素敵な時間を過ごしていただける未来が来ることを祈っています」とコメントしています。

関連記事(外部サイト)

×