JALメシ、ついに家で食べられます! 公式サイトで名物「ラウンジカレー」販売 機内食も

JALが公式サイトで名物「ラウンジカレー」販売 今後、JAL国際線機内食の販売も

記事まとめ

  • JALが「JAL特製オリジナルビーフカレー」を公式通販サイトで数量限定販売している
  • 門外不出のメニューだったがコロナ感染拡大下の20年8月から期間限定で、通販で購入可
  • JALUXによると、今後、JAL国際線機内食の販売も近日中に実施するとのこと

JALメシ、ついに家で食べられます! 公式サイトで名物「ラウンジカレー」販売 機内食も

JALメシ、ついに家で食べられます! 公式サイトで名物「ラウンジカレー」販売 機内食も

JAL特製オリジナルビーフカレー(画像:JALUX)。

JALファンおなじみの名物です。

今後も「JALを感じられる」サービス拡充へ

 JAL(日本航空)とJALUXが2021年4月26日(月)から、羽田空港・成田空港の国際線JALラウンジで提供している「JAL特製オリジナルビーフカレー」を、公式通販サイト「JALショッピング」で数量限定販売しています。

「通常JALラウンジでしか楽しめない大人気の味」というこのカレー、内容量は1kgが2袋、おおよそ10食分に相当するといいます。冷凍で配送され、価格は税込・送料含め6500円です。かつてこのカレーは、ラウンジ以外では食べられない、門外不出のメニューでしたが、新型コロナウイルス感染拡大下の2020年の8月から期間限定で、通販で購入できるように。この際も人気を博し、当初の予定よりも早い時期に販売終了となっています。

 このほか、JALUXによると、今後、JAL国際線機内食の販売も近日中に実施するとのこと。「海外旅行に行けない中でも JAL 国際線の機内食を楽しみたい」との要望に応えたものとしています。同社は、「JALグループとしてコマース事業を今後の成長領域と位置づけ、共にお客さまに暮らしの中でJALを感じていただける商品・サービスの拡充を目指してまいります」としています。

関連記事(外部サイト)