JALの成田発着「遊覧チャーター」なぜ人気持続? 第3弾も倍率4倍「JL9999」便のナゾ

JALの成田発着「遊覧チャーター」なぜ人気持続? 第3弾も倍率4倍「JL9999」便のナゾ

JL9999便として出発するJALのボーイング767−300ER型機(2021年5月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

新型コロナ感染拡大で海外旅行が難しくなっているなか、トレンドの一つとなっている遊覧チャーター。JALが成田空港発着で実施している遊覧チャーターは、シリーズ第3弾でも人気が続いているといいます。

乗る前にも仕掛けが施されているJAL「チャーターDE 海外旅行気分を満喫!」

 新型コロナウイルス感染拡大で海外旅行へ行くことが難しくなっている状況下、国内航空会社では、同一空港を発着する遊覧チャーター便を実施するのがトレンドとなっています。JAL(日本航空)が2021年5月15日(土)、成田空港発着で実施したのは「チャーターDE 海外旅行気分を満喫!〜タイ〜」です。

 JALではこの「チャーターDE 海外旅行気分を満喫!」をシリーズ展開しており、1回目がシンガポール、2回目が台湾をテーマに実施されました。今回がその第3弾となります。

 このシリーズは、成田空港を運営するNAA(成田国際空港)などとの共同企画で、フライト自体はもちろんのこと、出発する搭乗ゲートに仮想の「就航地」をイメージした仕掛けが施されているのが大きな特徴です。ちなみに、第1弾のシンガポール編では、搭乗ゲートにマーライオンが出現しています。

 仕掛けは保安検査場入り口にも。タイ国政府観光庁による模擬入国スタンプが、パスポートを模した冊子に押印されます。そして検査場を抜け、ゲートへ向かう途中のスペースに出現したのは、まるで観客席が用意された仮設ステージのような空間。ここで実施されたのは、タイの伝統舞踊のショーです。ゲートでは、ショーを実施したダンサーとの写真撮影スポットなども用意されていました。

JL9999便の謎 そして「堅調な」秘訣とは

 この日のチャーター便の便名はJL9999便(オペレーション上の便名は異なる)。日本で「9」は縁起の良いものではないというのが通説ですが、タイ語では「9」は「ガーヴ」と発言し、「前に進む」という意味があることから、縁起が良い数字とされているとのこと。「ともにこの苦境を乗り越えて、いつか皆様をタイでお出迎えできることを祈って」この便名をつけたといいます。

 使用する飛行機は、国際線仕様のボーイング767−300ER(機番:JA618J)で、搭乗した旅客は161人(幼児含む)でした。同便は、15日正午ごろに成田空港を出発。この際には、JALスタッフやダンサーによる、横断幕を用いての見送りも実施されています。機内では、タイ料理の機内食の提供や抽選会が実施されたそうです。

 なお、今回の遊覧チャータ−の倍率は約4倍とのこと。「実はシリーズ通して、安定して申し込みの数は推移している」とNAAの担当者は話します。その要因について、次のような説明が。

「もちろん抽選ということはあるでしょうが、遊覧チャーターへの送客を図るべく、オプショナルツアーなどをNAAで企画することで、需要の底上げを図っています。また企画当初、マンネリ化してしまうのではといった懸念はあったのですが、各国の政府観光局と企画を進める中で、各国の特色を生かし、観光名所に合わせた企画にするなど、内容をフライトごとに変えることができているのもポイントだと考えております」(NAAの担当者)

 なお、6月12日(土)には、このシリーズ第4弾となる「チャーターDE海外旅行気分を満喫! 〜オーストラリア〜」の開催が計画されており、18日(火)までが申し込み期間となっています。その名のとおり、オーストラリアをテーマにして、搭乗ゲートや機内に様々な工夫が凝らされる予定です。なお、オーストラリア編以降のシリーズ展開予定については、「いまのところ未定」(NAA)とのことです。

関連記事(外部サイト)