東京駅 地下鉄でどう行く? 丸ノ内線に乗り換える必要はあるのか 13路線検証

東京駅 地下鉄でどう行く? 丸ノ内線に乗り換える必要はあるのか 13路線検証

東京駅。地下鉄の東京駅があるのは、丸ノ内線だけ(画像:写真AC)。

東京駅にはJRの各線が集まっているものの、地下鉄で駅があるのは丸ノ内線だけ。しかし実は、地下鉄の別の駅から歩けたり、乗り換えがもっとラクになったりするルートもあります。

「丸ノ内線の東京駅」へ行く必要はあるのか

 東京駅にはJRの各線が集まっているものの、地下鉄で東京駅があるのは、東京メトロ丸ノ内線だけです。そのため、他の地下鉄から東京駅へ向かう場合、スマートフォンの乗換案内などでは丸ノ内線東京駅へ乗り継ぐルートが提示されることがあります。

 都営地下鉄から東京メトロへ、あるいはJR線へ乗り換えるルートが便利なこともありますが、事業者をまたぐため運賃が高くなりがち。また、複雑な「ダンジョン駅」での乗り換えも避けたいところです。

 今回は東京の地下鉄13路線について、東京駅へ向かうルートを検証してみました。まずは丸ノ内線含め、東京駅の北側にある地下鉄のジャンクション、大手町駅に接続する各線から。

●東京メトロ丸ノ内線

 丸ノ内線の東京駅は、池袋と新宿のほぼ中間に位置しており、どちらからも、さほど遠回りすることもなく結ばれています。乗れるならば、丸ノ内線に乗っていきたいところです。

●東京メトロ東西線から

 東西線の大手町駅は東京駅、とりわけ八重洲側に比較的近く、地下通路で結ばれています。東西線の案内図では大手町はJR線の乗換駅となっていますので、大手町から歩くのが順当でしょう。

●都営三田線から

 三田線のホームは大手町駅のなかでも西側にあり、丸ノ内線ホームから最も離れています。しかし三田線ホームに近いD3出口から、東京駅丸の内北口まではほぼ直線で300mほど。三田線の場合、大手町から東京駅へ歩いた方が早いでしょう。

●東京メトロ千代田線から

 千代田線の大手町駅は、三田線ホームと通路を挟んで北側に向かい合って配置されているため、東京駅まではやや距離が長くなります。一方、千代田線で1駅南の二重橋前駅ならば、7番出口から東京駅丸の内中央口まで300mほど。千代田線からも歩いて東京駅へ行きやすいといえます。

●東京メトロ半蔵門線から

 半蔵門線の大手町駅は、丸ノ内線ホームのすぐ近くで、60mほどしか離れていません。丸ノ内線に乗り換えて東京駅に行きやすい路線といえます。

大手町を通る路線以外でも「東京駅まで歩ける」

 ほかの路線はどうでしょうか。

●東京メトロ銀座線から

 東京駅の東側を通る銀座線は、日本橋駅と京橋駅が、東京駅までいずれも400mほどの距離にあります。日本橋駅で東西線に乗り換えて大手町まで1駅進む方法もありますが、八重洲口の北側に行くなら日本橋駅で、南側に行くなら京橋駅で降りて歩いた方が早い場合があります。

●都営浅草線から

 浅草線は銀座・日本橋近辺で、銀座線に200m東側で並行しており、日本橋駅と宝町駅から、東京駅までそれぞれ600mほど。歩けばちょっと遠いと感じるかもしれません。

 日本橋駅で東西線に乗り換え、大手町から東京駅へ向かうのもいいですが、東京メトロの路線になるので運賃が高くなります。品川方面から都営線だけで行きたい場合は、三田駅で三田線に乗り換え、大手町から歩く方法が挙げられます。

●東京メトロ有楽町線から

 池袋以西から来る場合は、池袋で丸ノ内線に乗り換えて東京駅へ向かうのがいいでしょう。新木場方面からは、銀座一丁目駅で降りて丸ノ内線の銀座駅まで歩いて乗り換える方法もあります。

 銀座一丁目駅と銀座駅のあいだは地上経由での乗り換えですが、2020年から正式な乗換駅に新指定されたため、60分以内であれば通し運賃で乗り換えられるようになりました。各種乗換案内アプリでも、このルートが出るようになっています。

●東京メトロ日比谷線から

 日比谷線の場合、銀座駅が丸ノ内線ホームと隣接しているので、それほど時間もかからず乗り換えて東京駅へ向かうことができます。ほかには、小伝馬町で降り、地上を300mほど歩いてJR総武快速線の新日本橋駅へ向かうルートも。運賃は高くなりますが、銀座まで回り込むより早く東京駅へ着ける場合もあります。

東京駅周辺を通らない路線からは?

 東京駅周辺を通らない路線から東京駅へ向かう場合はどうでしょうか。

●都営新宿線から

 新宿方面から東京駅へ向かう場合、小川町駅から丸ノ内線の淡路町駅へ乗り換えるルートが一般的ですが、東京メトロ線になるので運賃が割高に。都営線だけで行くなら、神保町駅で三田線に乗り換え、大手町駅から歩くルートが考えられます。

 東の本八幡方面からは、馬喰横山駅からJR総武快速線の馬喰町駅へ乗り換える一般的なルートが、運賃は高めになるものの、最も効率がよさそうです。

●東京メトロ南北線から

 南北線から丸ノ内線に乗り換えられるポイントは北から後楽園、四ツ谷、永田町(丸ノ内線は赤坂見附)、溜池山王(丸ノ内線は国会議事堂前)の4駅があります。このうち後楽園駅は、南北線の駅が地下6階、丸ノ内線の駅が地上3階にあり、実に9階分の上下移動が必要。また溜池山王や永田町からの乗り換えも、長距離かつ上下移動が必要で、あまりオススメできません。

 王子方面からは、後楽園駅で都営三田線(春日駅)へ乗り換えて大手町へ(ただし運賃は割高)、目黒方面からは、溜池山王駅で千代田線(国会議事堂前駅)へ乗り換えて二重橋前へ向かうルートが、総距離も短く効率的といえそうです。

●東京メトロ副都心線から

 池袋駅と新宿三丁目駅で丸ノ内線へ乗り換えやすいほか、明治神宮前駅で千代田線に乗り換えて二重橋前へ向かう方法も。場所によって使い分けられます。

●都営大江戸線から

 丸ノ内線とつながっているのは中野坂上、新宿西口(丸ノ内線新宿)、本郷三丁目の3駅。しかし本郷三丁目は丸ノ内線の駅と離れていて地上を歩かなければいけないため、春日駅で三田線に乗り換え、大手町へ向かう方がラクかもしれません。

 一方、大江戸線の南側では、三田線や千代田線とも接続していません。JR線や東京メトロ線(門前仲町から東西線など)を利用することになるでしょう。

京葉線東京駅は別!

 同じ東京駅といっても、京葉線の東京駅へ向かう場合は注意が必要です。

 京葉線ホームは他路線から南へ大きく離れており、JR線では有楽町駅のほうが近くなります。地下鉄からは、有楽町線の有楽町駅、千代田線の二重橋前、三田線や日比谷線の日比谷駅などが挙げられます。

関連記事(外部サイト)