SL「大樹」の14系客車を「ぶどう色2号」に塗装変更 1編成全車両の変更も計画 東武

SL「大樹」の14系客車を「ぶどう色2号」に塗装変更 1編成全車両の変更も計画 東武

東武鉄道の観光列車「SL大樹」(画像:東武鉄道)。

1編成全車両を「ぶどう色2号」に変更した編成での運行も計画中!

SL全盛期の雰囲気をより味わってもらうため

 東武鉄道は2021年5月26日(水)、観光列車「SL大樹」で使用している14系客車1両を国鉄時代の旧型客車で採用していた当時の塗色「ぶどう色2号」に変更して運転すると発表しました。

「ぶどう色2号」に変わったのは車掌室を備えたスハフ14形5号車。6月19日(土)から運行を開始します。SL全盛期の「昭和レトロ・ノスタルジー」な雰囲気をより味わってもらうために行うものです。

 これにより、「SL大樹」は現行の青色+白帯の14系と「ぶどう色2号」の14系の混成で運転となりますが、東武鉄道では今後追加で2両を「ぶどう色2号」に変更し、1編成全車両を「ぶどう色2号」で塗装した編成での運行を計画しています。

関連記事(外部サイト)