ガソリン価格ようやく下がる? 半年ぶり値下がりの背景 それでもレギュラー152円超

ガソリン価格ようやく下がる? 半年ぶり値下がりの背景 それでもレギュラー152円超

レギュラーガソリンの価格が26週ぶりに下がった。写真はイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

ガソリン価格がおよそ半年ぶりに値下がりへ転じました。今後はさらに下がるでしょうか。実は都道府県別で見ると、上がった地域・下がった地域がほぼ半々です。

26週ぶりの値下がり

 レギュラーガソリン価格が、実に26週ぶりに値下がりしました。

 資源エネルギー庁が2021年6月2日(水)に発表した石油製品の価格調査結果によると、5月31日(月)時点におけるレギュラーガソリンの店頭における現金小売価格の平均は、1リットルあたり152.5円でした。

 レギュラーガソリン価格は3月下旬に150円台を突破。その後しばらく横ばいでしたが、5月中旬から再び上昇し、5月17日に151.8円、5月24日に152.6円となっていました。今週はそこから0.1円、下がったことになります。

 ただ「都道府県別で見ると、上がった地域・下がった地域がほぼ半々で、均してみたら0.1円下がった、という印象です」。資源エネルギー庁の価格調査を受託している石油情報センターはこう話します。

 今後、ガソリン価格はどうなっていくのでしょうか。

下がったけど…水準としては2年半前と同じ

「コロナ禍による需要減退で、ボトム(底)まで下がったガソリン価格が戻ってきています。いまは世界的に、経済の回復に伴うガソリン需要回復の期待感が大きくなっている状況です」

 石油情報センターはこのように話します。実は152.5円というのは、直近では“コロナ禍以前”よりも前、2018年12月初旬の水準です。

 コロナ禍において減退したガソリン需要に対し、供給過剰を緩和すべく、産油国では原油の減産を行ってきましたが、産油国からなるOPECプラスは、ガソリン需要の回復にともない、その減産幅を段階的に緩和しています。こうした動きにより原油価格も高騰しているといいます。

「ワクチン接種の進展などにより経済回復への期待感が高まっていますが、原油の減産緩和は一気に進むわけではなく、予定通りで進行しています。供給体制が大きく変わらずに需要が回復していけば、価格はさらには上がっていくでしょう」(石油情報センター)

 これは直近の傾向であるため、先は見通しにくいとしつつも、石油情報センターは「とりあえず来週、6月7日(月)調査では値上がりを予想しています」とのこと。すでに石油元売り各社は今週、卸値を1.5円ほど引き上げているそうです。

 ちなみに、資源エネルギー庁の石油製品価格調査における直近のレギュラーガソリンの最高値は、2018年10月22日に記録した160.0円です。

関連記事(外部サイト)