顔つきビシッと「フォレスター」大改良 SUVらしさUP 新世代アイサイト スバル

顔つきビシッと「フォレスター」大改良 SUVらしさUP 新世代アイサイト スバル

フォレスター2021年改良モデル(画像:スバル)。

発売は8月の予定です。

レヴォーグに続き新世代アイサイト搭載

 スバルは2021年6月14日(月)、SUV「フォレスター」の大幅改良モデルを公開し、先行予約を開始しました。

 今回の大幅改良では、2020年発表の新型「レヴォーグ」に引き続き、スバルのデザインコンセプト「BOLDER」表現を取り入れたフロントフェイスに刷新。またアルミホイールも新デザインとし、よりSUVらしい仕様にしたといいます。

 走行性能も磨かれており、全グレードで足回りを改良。さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」を、ハイブリッドシステムe-BOXER搭載車の全グレードに拡大展開します。また、運転支援システム「アイサイト」も新世代となっており、ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良しているそうです。

 現在のフォレスターは2018年6月に発表された5代目。スバルがSUVで最量販車種と位置づけるグローバル戦略車であり、これまでおよそ1年ごとに改良を重ねてきました。

関連記事(外部サイト)