ANA巨大機「A380」テーマパークに!? 2機フル活用 「旅客機レストラン」のもうひとつの目玉

ANA巨大機「A380」テーマパークに!? 2機フル活用 「旅客機レストラン」のもうひとつの目玉

ANA「レストランFLYING HONU」のレストラン機として使用された「JA382A」(2021年6月26日、乗りものニュース編集部撮影)。

新型コロナの影響で定期便運用から外れ、成田空港で羽を休めているANAの総2階建て超巨大機「エアバスA380」。この機が不定期で「レストラン」として開放されています。ただ、このイベントのポイントは、これだけではありませんでした。

担当者「テーマパークのようにしたかった」

 2019年に成田〜ホノルル線専用機として華々しくデビューを飾ったものの、新型コロナウイルス感染拡大による航空需要の大きな落ち込みをうけ、2020年3月から1年以上も定期便運用から遠ざかっている、ANA(全日空)の総2階建て超大型旅客機「エアバスA380」。この超大型機を使った新たな取り組みが展開されています。

 ANAのエアバスA380は現在2機体制。ハワイで神聖な生き物として知られている「ウミガメ」の特別デザインを施し、「フライング ホヌ(FLYING HONU。空飛ぶウミガメという意味)」の愛称が与えられています。コロナ禍においては、成田空港で翼を休めつつも、不定期で同一空港発着の遊覧チャーターなどを担当しています。

 これらANAの「フライングホヌ」を、機内食を提供するレストランとして開放したのが、「レストランFLYING HONU」です。このイベントでは、実機のなかで、平時国際線で提供している食事や飲み物を楽しめます。

 とはいえ、その内容はレストランだけではありません。「フライングホヌ」のファンを楽しませるべくアレンジされているのです。ANAの企画担当者によると、「このイベントをテーマパークのようにしたかった」とのこと。レストランとして使用しないもう1機も含め、駐機中の2機両方をフル活用しています。

 報道陣に一部が公開された6月26日(土)実施分の「レストランFLYING HONU」では、参加者への食事提供を2号機(機番:JA382A)の1機のみで実施。残る1号機(機番:JA381A)については、2号機のとなりに駐機させ、見学ツアー用として客室を開放します。

アツすぎる見学ツアーとの2本立て!

 参加者は食事メニューのランクに関係なく、同機の4クラス(ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー・エコノミー)すべてのシート体験ができます。通常旅客便では、原則搭乗クラス以外のエリアに行くことはできません。ANAのA380「フライングホヌ」は、上位3クラスが2階席、エコノミーが1階席となっているので、なおさらのことです。

 2階席と1階席を移動する際には、客室最後部の階段も用います。ここもANAの工夫のひとつだそうで、「CA以外使うことはめったにないので、普段お客様が経験できないことを盛り込んだ」(ANA)とのことです。

 一方、この日の機内食レストランは次のようなメニューが並びます。以下は各クラスの一例です。
●ファーストクラス(参加費5万9800円)
・和食:「賀茂茄子田楽と鰻蒲焼」を主菜としたコースメニュー。
・洋食:「和牛フィレ肉のグリル ローズマリーとたまり醤油のソース」「太刀魚の重ね焼き トマトクリームソース コリアンダー風味」など4種類のうち1種をメインディッシュとしたコースメニュー。

●ビジネスクラス(参加費2万9800円)
・和食:「牛肉しぐれ煮 鯖一汐焼」を主菜としたコースメニュー。
・洋食:「牛フィレ肉のステーキ ベルシーソース」「甘鯛のポワレ シリアルのリゾットと生姜の香るクリーミーソース」など3種類のうち1種をメインディッシュとしたコースメニュー。

●プレミアムエコノミークラス(参加費1万3800円)
・和食:メインは「鰻蒲焼」。そのほか前菜、ブレッド、デザートなど。
・洋食:メインは「アジアンチキンライス」。そのほか前菜、ブレッド、デザートなど。

●エコノミークラス(参加費9800円)
・メインは「ビーフハンバーグステーキ ロコモコ風」。そのほか前菜、ブレッド、デザートなど。

※ ※ ※

 このレストランと機内見学を組み合わせた「レストランFLYING HONU」は、5月22日(土)、29日(土)、30日(日)の実施回で計920名が参加。今回も多くの人が参加しています。現在もこのイベントは好評を博しているようで、「リピーターのお客様も多い」とANAの企画担当者は話します。

関連記事(外部サイト)