都営地下鉄で副名称導入「オリンピックスタジアム」駅など4駅 東京五輪開催にあわせ

都営地下鉄で副名称導入「オリンピックスタジアム」駅など4駅 東京五輪開催にあわせ

両国駅は「国技館」の副名称が使われる(画像:写真AC)。

9月30日まで用いられます。

接近メロディも変わります

 東京都交通局は東京2020オリンピック大会の開催にあわせ、2021年7月16日(金)から9月30日(木)まで、以下の4駅で副名称を用いると発表しました。

○国立競技場:「オリンピックスタジアム・東京体育館」
○青山一丁目:「オリンピックスタジアム」
○九段下:「日本武道館」
○両国:「国技館」

 なお、以上の4駅と都庁前駅では期間中、東京2020オリンピック大会の公式応援ビート『Make The Beat!』をアレンジした列車接近メロディが使用されます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?