横浜だけじゃない 都市交通ロープウェー「スカイシャトル」 全国唯一、空から都県越え!

横浜だけじゃない 都市交通ロープウェー「スカイシャトル」 全国唯一、空から都県越え!

京王口ステイション〜山頂ステイション間を結ぶロープウェー「スカイシャトル」(2021年6月27日、蜂谷あす美撮影)。

横浜みなとみらいに都市交通としてのロープウェーが開業しましたが、隣の川崎市にも、鉄道事業法に基づくロープウェーが運行されています。しかも都道府県をまたぐ点では日本唯一。わずか5分あまりの乗車は、どのようなものでしょうか。

鉄道事業法に基づき運営

 2021年4月、横浜市のみなとみらい地区にロープウェー「ヨコハマ・エア・キャビン」が開業しましたが、お隣の川崎市にも、都市交通としてのロープウェー「スカイシャトル」が運行されているのをご存知でしょうか。

 スカイシャトルは、京王よみうりランド駅(東京都稲城市)から遊園地「よみうりランド」へのアクセス手段として1999(平成11)年に開業しました。駅前の京王口ステイションと神奈川県川崎市の山頂ステイションを結び、全長は883m、全線の高低差は65mあります。日本で唯一、都道府県境をまたぎ、また遊具を除くと都内唯一の存在です。今回はこのスカイシャトルに山頂ステイションから乗ってみました。

 山頂ステイションは、よみうりランドの正面入園口、スカイゲートを右に回り込んだ場所に位置しています。料金は大人も子どもも片道が300円で、往復は500円。きっぷを買い求めようと券売機に近づいたとき、目に止まったのは関東運輸局長からの表彰状でした。

 その日付は「10月26日」。鉄道好きの方ならピンと来るかもしれません。ロープウェーは鉄道事業法に基づいて運営され、分類上は「索道」です。この表彰状は「『鉄道の日』記念関東運輸局長表彰式」で授与されたものだったのです。余談ですが、鉄道完全乗車を目指す人は索道、とりわけ開閉式の扉を持つ「普通索道」までその対象とする場合もあります。

 スカイシャトルはロープに多数のゴンドラを吊り下げて循環する「単線自動循環式」の方式で、順次ゴンドラがやって来るため、もとよりサクサク乗れるのですが、午前中という時間帯も影響して利用者はほかにいませんでした。「お好きなのどうぞー!」と言われたものの、どれを選ぼうが見える景色に変わりはないうえに、カラフルな色の中から選り好みしているのもなんとなく恥ずかしいので、ちょうど目の前で扉を開けていたピンク色のゴンドラに乗り込みました。

上空から色々見られた濃い5分間

 内部は中央に4人掛けのシートが背中合わせで設けられており、定員は8名。イタリア「LEITNER」製で、業務提携先である樫山工業が設計施工しています。

 駅を出ると自動的にドアが閉まり、眼下にはさっそく園内の景色が広がり始めました。真横にはジェットコースター「バンデット」が迫り、入園料を払わずに園内に入ってしまったような不思議な感覚が味わえます。続いて見えてきたのは……神殿でしょうか、あまりにも唐突過ぎて脳内にハテナが浮かんだものの、あとで調べてみると植物園「HANA・BIYORI」内の釈迦如来殿でした。内部には仏教の開祖「釈迦」のお骨と髪の毛が安置されているとのことですが、果たして高いところから見下ろしてしまってよかったのでしょうか。

 やがて右手には読売ジャイアンツの練習場であり、二軍の本拠地でもある「読売ジャイアンツ球場」が見えてきました。球場内では試合が行われ、スコアボードから三軍と栃木県足利市のクラブチーム「全足利クラブ」の対戦とわかりました。わずかな時間ではあるものの、ロープウェーの運賃のみで試合観戦ができてしまいました。

 最後は坂道を転がるようにして高度を一気に下げていき、眼前の住宅街を俯瞰しているうちに京王口ステイションへ到着。乗車から下車までの片道は5分ちょっとでしたが、様々な景色が楽しめたことから、もっと長いように感じました。

 京王よみうりランド駅からよみうりランド正面入園口までのアクセス手段としては小田急バスもあります。行きと帰りで行程を変えるのもおもしろそうです。

 なお、スカイシャトルはよみうりランドに入園せずとも利用できるのですが、実際に経験してみると「遊園地でも遊んでおきたかったな」と後悔が残りました。

関連記事(外部サイト)