下今市駅のSL転車台広場で宿泊! 東武の夏休み体験企画 「SL大樹」で鬼怒川へ

下今市駅のSL転車台広場で宿泊! 東武の夏休み体験企画 「SL大樹」で鬼怒川へ

下今市駅構内の転車台にて、C11形蒸気機関車207号機(2017年5月、恵 知仁撮影)。

星空と蒸気機関車を見つめて過ごす夏の夜…

抽選で5組を招待

 東武鉄道は2021年7月15日(木)、親子向け「夏休みこども体験プログラム」として、日光線の下今市駅や鬼怒川線の鬼怒川温泉駅でSLにふれ合う体験ができる、1泊2日の企画を発表しました。

 この体験プログラムは8月20日(金)〜21日(土)に実施。1日目は下今市駅構内でSL見学や汽笛・清掃体験などを行ったあと、深夜は終電後の駅業務見学やSL記念撮影などを実施。宿泊は転車台広場内でテント泊が可能となっています。

 2日目は留置線から「SL大樹1号」に乗車し鬼怒川温泉駅へ。車内でも観光アテンダント業務体験などがあります。鬼怒川温泉駅に到着後、転車台でのマイクパフォーマンスや特急列車の出発合図体験などができます。

 SL大樹は2017年8月10日から、東武鬼怒川線の下今市〜鬼怒川温泉間12.4kmで運転を開始。2018年7月には、乗客数10万人を達成しています。

 参加は小学生以上の子供連れが対象で、1グループ4名まで、最大5グループを募集中(応募多数の場合抽選)。参加費は1グループ45000円となっています。申込みは専用のWebフォームから7月31日(土)まで受付中で、8月3日(火)に当選者へ通知されます。テントなど宿泊設備は別途準備が必要です。

関連記事(外部サイト)