秋田・岩手県境「新仙岩トンネル」整備に向け前進 秋田新幹線の所要時間7分短縮見込む

秋田・岩手県境「新仙岩トンネル」整備に向け前進 秋田新幹線の所要時間7分短縮見込む

E5系を連結したE6系秋田新幹線(画像:写真AC)。

事業費は約700億円です。

赤渕〜田沢湖間の15km

 JR東日本と秋田県は2021年7月26日(月)、秋田新幹線の秋田・岩手県境で整備を推進する「新仙岩トンネル」の覚書を締結しました。

 トンネルは、赤渕〜田沢湖間の15km。工期は着工より11年が予定され、事業費は約700億円が見込まれています。

 両者は2017年11月以降、同トンネルの整備早期実現に向け、国へ対し予算措置などを求める要望を行ってきました。開通すると所要時間が約7分短縮され、利用者便益は年間約11億円になると試算しています。また、列車の安定運行にも寄与するといいます。

関連記事(外部サイト)