スポーツカーって案外安いの? 新型BRZは308万円〜 他の選択肢は

スポーツカーって案外安いの? 新型BRZは308万円〜 他の選択肢は

新型BRZ(画像:スバル)。

スバルが発表した新型「BRZ」の価格が、「思ったより安い」と驚きを持って迎えられています。高いイメージがあるスポーツカー、現行の他モデルの価格はどうなっているのでしょうか。

よく頑張った! 新型BRZ308万円〜

 スバルから新型「BRZ」が2021年7月29日(木)に発売されました。排気量は2.0Lから2.4Lに、新型アイサイトなどの安全装備もグレードアップし、ボディの剛性なども大きく高まっていながら、308万円からという価格に「よく頑張った」といった驚きの声が上がっています。

 スポーツカーといえば、一般的には高いイメージがあるかもしれません。SNSなどでは、新型BRZと他のスポーツカーと比較する人も多く見られましたが、価格面で折り合うなら走りを楽しみたいという人にとって、どのような選択肢があるのでしょうか。スポーツカーと呼べるものは、100万円台から存在します(価格は全て税込)。

●軽スポーツカー

 軽自動車もいまや全般的に値段が上がり、グレードによってはデフォルトで200万円を超えるものも。そうしたなか、軽オープンカーのダイハツ「コペン」は188万8700円から、ホンダ「S660」(オーダー受付はすでに終了)は203万1700円(6MT)からとなっています。

 一般車種のスポーツモデルでは、スズキ「アルトワークス」が157万3000円から。ホンダ「N-ONE RS」が199万9800円から。いずれもMTを設定しています。

200万円台ではどんなモデルが?

 軽のS660とほぼ同価格帯で登録車のスポーツモデルといえば、スズキのコンパクト「スイフトスポーツ」が挙げられます。1.4Lで201万7400円から。対して最新モデルであるトヨタ「GRヤリス」は1.5Lエンジンで265万円からと高くなります。GRヤリスは「ラリー(WRC)で勝つ」ことを目標にして作られた、ヤリスとは全く異なるモデルであり、上位グレードはさらにエンジンも違い、396万円、456万円と値段が跳ね上がります。

 一方、専用モデルのスポーツカーでは、マツダ「ロードスター」が1.5Lで260万1500円から。初代BRZの兄弟車であるトヨタ「86」が2.0Lで267万1900円からとなっています。このあたりがBRZとの比較対象になってくると思われますが、新型BRZの兄弟車で、いまだ価格が明かされていないトヨタ「GR86」にも期待がかかるところです。

●300万円台〜

 ロードスターでもハードトップの「ロードスターRF」は、排気量も2.0Lとなり、価格は343万9700円からです。また、8月にも新型が発表される予定のスバル「WRX」の現行は、2.0Lで393万8000円からです(生産終了)。

 これより高いものでは、価格帯もモデルにより大きく異なってきます。

 7月に生産終了となったホンダ「シビック タイプR」は475万2000円から。日産「フェアレディZ」484万8800円から、トヨタ「スープラ」499万5000円から、日産「GT-R」2020年モデルで1063万1520円から(終了)、ホンダ「NSX」2420万円から、といった具合です。これらはあくまでベースの価格であり、グレードによっても大きく異なります。

関連記事(外部サイト)