韓国 初の国産潜水艦「トサンアンチャンホ」就役前に動画公開 建造中のシーンも

韓国 初の国産潜水艦「トサンアンチャンホ」就役前に動画公開 建造中のシーンも

韓国の新型潜水艦「島山安昌浩(トサンアンチャンホ)」。2018年9月14日に進水している(画像:韓国防衛事業庁)。

21世紀における亀甲船の復活とも説明しています。

艦番号「SS083」初めて独自開発した潜水艦

 韓国防衛事業庁は2021年8月4日(水)、就役間近にある最新潜水艦「島山安昌浩(トサンアンチャンホ)」の公式動画を公開しました。

「島山安昌浩」は、韓国が建造中の次世代潜水艦の1番艦で、排水量は3300トン、長さは83mあり、ディーゼルエンジンと燃料電池によって推進する通常動力型潜水艦です。

 公式動画における説明では、韓国が初めて独自に設計・建造した潜水艦で、国産化率は76%に達するとのこと。また初めて排水量3000トンを越える潜水艦で、戦闘システムやソナーシステム、推進システムなどの主要機器は国内開発だといいます。

 同艦は2007(平成19)年に開発に着手、2012(平成24)年に建造をスタートし、2018年9月14日に進水しており、韓国防衛事業庁によると2021年8月に就役する予定だそうです。

 また動画では、艦内配管の長さは延べ85km、部品数は計158万5213個、組立工数は187万3264M/Hr(マンアワー)であり、総参加企業は387社、研究所も18か所が関わっていると明記しているほか、ドイツの潜水艦建造技術を学んだ韓国が、わずか30年で独自建造にまで至った世界トップクラスの潜水艦であり、誰もが不可能だと考えたものの、我々は挑戦に成功したと解説しています。

【動画】韓国の新たな潜水艦の公式動画

関連記事(外部サイト)