「旧型カローラ」にテコ入れ アクシオ&フィールダー安全装備強化 新型発売から2年

「旧型カローラ」にテコ入れ アクシオ&フィールダー安全装備強化 新型発売から2年

カローラ フィールダー(画像:トヨタ)。

異例の戦略が続いています。

新型発売から2年経つ「カローラ」

 トヨタは2021年9月6日(月)、「カローラ アクシオ」ならびに「カローラ フィールダー」を一部改良し発売したと発表しました。

 今回は、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」のプリクラッシュセーフティを、「歩行者(昼)検知機能付衝突回避支援タイプ」としたほか、コンライト(オートライト)が、全車に標準装備されました。

 なお、すでに販売されたカローラ アクシオとカローラ フィールダーにおいても、「プリクラッシュセーフティ 昼間の歩行者検知機能追加キット」でソフトウェアのアップグレードが可能になったといいます。

 カローラ アクシオとカローラ フィールダーは、2019年月に発売されたカローラとカローラツーリングの先代モデルにあたりますが、現行モデルが3ナンバー化されたこともあり、新旧併売が続いています。

関連記事(外部サイト)