「世界の宝」とデカデカ描かれたJAL機誕生 世界自然遺産記念機「JA337J」が就航

「世界の宝」とデカデカ描かれたJAL機誕生 世界自然遺産記念機「JA337J」が就航

羽田空港を出発するJALの「世界の宝を守ろう!」特別塗装機「JA337J」(2021年9月7日、乗りものニュース編集部撮影)。

「世界の宝」機は、このほかに2機おります。

2022年秋ごろまで就航予定

 JAL(日本航空)が2021年9月7日(火)から、「世界の宝を守ろう!」特別塗装機を国内線に就航させました。担当機はボーイング737-800型機「JA337J」。7日正午ごろ、この初便が羽田空港を出発し、JL659便として奄美大島へ向かっています。

 JALグループでは「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産登録を記念した誘客プログラムの一環として、2021年9月から3機の特別塗装機を就航させました。今回デビューしたJA337Jのほか、同グループのJ-AIRでエンブラエル170型機「JA228J」がすでに就航済み。8日からは、JAC(日本エアコミューター)のATR42-600型機「JA10JC」もデビューを予定しています。

 これら3機のデザインはいずれも共通したものとなります。胴体には、同地域の希少動物をモチーフにした環境省のキャラクターであるヤンバルクイナ(クイちゃん)、アマミノクロウサギ(あまくろ)、イリオモテヤマネコ(まーや)のイラストと、「守ろう!世界の宝」といったメッセージが描かれます。

 JALによると、同地域ではアマミノクロウサギをはじめとした希少動物の交通事故防止や希少植物・昆虫などの密猟・盗掘防止が大きな課題となっているそう。特別塗装機の就航は、世界自然遺産登録により島の宝が世界の宝になった今、「一人一人が世界の宝に関心を持ち、世界の宝について知り、世界の宝を守っていきましょう」という思いを込めたものとしています。

 なお、この日就航した「JA337J」をはじめとする3機の特別塗装機は、2022年秋ごろまでこの塗装をまとって、国内線を飛び回る予定です。

関連記事(外部サイト)