富山の市内電車で「ICOCA」ほか交通系ICカード対応へ 10/10から

富山の市内電車で「ICOCA」ほか交通系ICカード対応へ 10/10から

富山地方鉄道の市内電車(乗りものニュース編集部撮影)。

運賃箱の端末とは別に専用端末が設置されます。

ローカルICカード「ecomyca」以外の全国交通系カードが使用可

 JR西日本と富山地方鉄道は2021年9月10日(金)、富山地鉄の市内電車が10月10日(日)から「ICOCA」「Suica」をはじめ全国10種類の交通系ICカードに対応すると発表しました。

 富山地方鉄道ではこれまで「ecomyca(えこまいか)」および旧富山ライトレール発行の「passca(パスカ)」のみ対応していました。今回新たに、車両の扉横に全国交通系ICカード用の端末を設置。

 なお、車内端末はチャージ処理が未対応のため、事前にJR駅やコンビニなどで、「モバイルSuica」などではオンラインで、それぞれチャージしておく必要があります。また、鉄道線(本線、立山線、不二越・上滝線)では引き続き「ecomyca」のみ対応となります。

関連記事(外部サイト)