三陸道縦断の高速バスついに登場 宮古・気仙沼・仙台線 10/22から実証運行

三陸道縦断の高速バスついに登場 宮古・気仙沼・仙台線 10/22から実証運行

岩手県北バス(左)と宮城交通の車両(画像:みちのりホールディングス)。

気仙沼〜仙台は2時間10分!

岩手県北バス・宮城交通タッグ

 みちのりホールディングスは2021年10月14日(木)、岩手県北バスと宮城交通の共同による高速バス「宮古・気仙沼・仙台線」の実証運行を22日(金)から行うと発表しました。

 3月に全線開通した三陸道(仙台〜宮古)を経由。宮古〜仙台間は従来の一般道で5時間以上かかっていたところ、高速バスは4時間10分で、同様に3時間程度かかっていた気仙沼〜仙台間は2時間10分で結ばれます。

 実証運行期間は2022年1月末までで、本数は1日2往復。うち1往復は仙台空港にも乗り入れます。仙台〜気仙沼間の運賃は大人片道で2100円、仙台〜宮古間は3500円です。

 なお、この実証運行は観光庁「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」に採択されており、高速バスを活用したツアーなども開催。宮古・気仙沼圏域の地元住民利用の促進も図るなかで、今後の本格運行につなげていくとしています。

関連記事(外部サイト)