ボーイングが振り返る「ジャンボジェット」最終タイプの歴史とは 「747-8F」納入100機到達!

ボーイングが振り返る「ジャンボジェット」最終タイプの歴史とは 「747-8F」納入100機到達!

ボーイング747-8Fの100機目となったUPS航空向けの機体(画像:ボーイング)。

やっぱりデカくて華がある!

100機目はUPS航空へ

 アメリカの航空機メーカー、ボーイング社の公式Twitterが、「ジャンボジェット」の愛称を持つ、ボーイング747-8F(Fは貨物型を示す「フレイター」の略)貨物機の100機目を、アメリカの貨物航空会社であるUPS航空へ納入したと、2021年10月に投稿しました。

 100機目の納入にともなって、ボーイング社の公式Twitterアカウントは、これまでの747-8Fの歩みを紹介。列記されているエピソードは次のようなものです。

・2017年12月、シルクウェイ航空が同モデル史上最長のフライトを実施。アゼルバイジャン〜ブラジル間を15時間3分飛行。
・NCA(日本貨物航空)は現在、使用する機体を747-8Fに統一している。
・大韓航空は747-8Fと旅客型の747-8ICを保有する唯一の航空会社。
・747-8Fの最大のオペレーターはアトラス航空。

 747-8Fは2010(平成24)年に初飛行。半世紀以上の歴史を持つボーイング747シリーズでもっとも新しい派生型で、従来機である「747-400」とくらべ、約5.7mの胴体を大型化するなどの設計変更が図られました。なおボーイング社は2022年をもって747-8Fの生産終了を発表済み。このタイプが、「ジャンボジェット」シリーズの最終モデルとなる見通しです。

【さーっと見る】ボーイング公式さんプレゼンツ「747-8Fの歴史」

関連記事(外部サイト)