米インド太平洋軍司令官 国境離島の与那国島等を視察 南西諸島の防衛状況を確認

米インド太平洋軍司令官 国境離島の与那国島等を視察 南西諸島の防衛状況を確認

与那国島にある日本最西端の碑の前で写真に収まる山崎幸二統合幕僚長(向かって右)と米インド太平洋軍司令官ジョン・アキリーノ海軍大将(画像:米インド太平洋軍)。

2022年度には石垣島にも駐屯地が開設される予定。

南西諸島方面の現況を日米で共有するのが目的

 防衛省・統合幕僚監部は2021年11月11日(木)、山崎幸二統合幕僚長が米インド太平洋軍司令官ジョン・アキリーノ海軍大将とともに南西諸島方面の視察に向かい、沖縄エリアの各基地や駐屯地などを訪問したと発表しました。

 今回の日米両指揮官の視察は、日米共同部隊訪問(JSV)という形で11月8日から9日にかけて実施。那覇基地や与那国駐屯地、奄美駐屯地などで現状を確認し、認識を共有するとともに日米同盟による抑止力・対処力の強化を図ることを再確認したといいます。

 なお、与那国駐屯地の視察では、同島にある日本最西端の碑を視察したほか、奄美駐屯地では2019年に配備されたばかりの12式地対艦誘導弾などの説明を受けていました。

関連記事(外部サイト)