国内最後の「サーブ340B」12月26日計画運航ラストへ JAL最小旅客機 HACの「JA02HC」

国内最後の「サーブ340B」12月26日計画運航ラストへ JAL最小旅客機 HACの「JA02HC」

HACのサーブ340B「JA02HC」(乗りものニュース編集部撮影)。

ついにこの日が来ましたね!

最終日は4往復

 JAL(日本航空)グループで、北海道を拠点とするHAC(北海道エアシステム)は、同社が保有するターボプロップ旅客機「サーブ(SAAB)340B-WT」のラスト1機「JA02HC」の計画運航最終日を2021年12月26日(日)に決定したと発表しました。

 最終日の「JA02HC」は、2往復4便を運航。ラストフライトはJA2862便(釧路11時50分発→丘珠12時40分着)の予定です。

 HACのサーブ340B-WTはJALグループで最小となる36席を配する機体で、1998(平成10)年に運航開始。以降23年半にわたり、3機体制で運航されてきました。すでにほかの2機のサーブ340B-WTは退役済みで、この「JA02HC」の退役により、国内の航空会社からサーブ340Bが、完全に姿を消すこととなります。

 HACでは、サーブ340B-WTからATR42-600への機材更新を進めており、11月8日(月)をもって3機目のATR42-600が運航開始。機材更新を完了しました。