バス停「住宅前」「区境」「ガード下」… 単純すぎる名前なぜ多い? 「分譲住宅」も

バス停「住宅前」「区境」「ガード下」… 単純すぎる名前なぜ多い? 「分譲住宅」も

東急バス「住宅前」。世田谷区、都営下馬アパートに近い(乗りものニュース編集部撮影)。

バス停には「住宅前」「学校前」など、駅名の感覚からすれば単純すぎるのでは? と思える名前のものが数多く存在します。こうしたストレートなバス停名はなぜできたのでしょうか。

単純すぎるバス停なぜ? 雑なネーミングと呼ぶなかれ

 バス停名「住宅前」――どこの住宅か、他に名前の要素はなかったのか、と思うかもしれません。案の定、全国にいくつも同じ名前のバス停が存在します。

 2016(平成28)年頃には、ツイッターで「#全日本雑な名前のバス停選手権」なるハッシュタグの投稿が盛り上がりました。“雑な名前”とは、珍しい名前というより「住宅前」のようなストレートすぎるともいえるバス停を想定したものと考えられます(実際には、珍バス停名の大喜利状態でしたが)。

 一例を挙げれば「ガード下」「区境」「アパート前」「踏切」「一軒家」、果ては「荒木さん前」などなど……。これらも、同じ名前のバス停が全国に点在していたり、個人宅名が使われていたりするケースが少なくありません。

 なぜこのようなバス停名が多いのかといえば、それが「わかりやすかったから」です。バス停の多くはその地域に古くから存在してきたものであり、地域の歴史を物語っています。

 多くのバス停は、地元での通り名のようなものも含めた地名、地形、施設名、あるいは地域のランドマークなどが採用される傾向にあります。「住宅前」は、農地のなかにポツンと住宅があったり、あるいは集合住宅が建っていたりなどした、文字通り“住宅の前”にあったケースです。「アパート前」などといったバス停も同様でしょう。

「ガード下」はどうでしょうか。東京では西東京市内の同じ場所に西武バスと関東バスの停留所があり、文字通り、西武新宿線が青梅街道をまたぐガードの近くにポールが立っています。ここは、西武新宿線が1927(昭和2)の開通当時から立体交差していた場所です。高い建物が周囲にない時代、鉄道ガードが地域のランドマークになっていたことが伺えます。

「分譲住宅」「高層住宅前」 裏にある歴史

 住宅前ならぬ「分譲住宅」なるバス停も、横浜市内の相鉄バスの路線にあります。相鉄線 希望ヶ丘駅の近くですが、周辺は相鉄グループが戦後に最も早く開発した住宅地のひとつ。土地と住宅をセットで売り出す分譲住宅という概念が、まだ珍しかった時代です。

 相鉄バスにはこのほか、「高層住宅前」というバス停が大和市にありますが、これも相鉄が最初に販売した集合住宅の最寄りです。

「学校前」「病院前」などというバス停も多いです。もっとも、これはバスだけの話ではありません。たとえば京急の平和島駅(東京都大田区)はかつて、「学校裏」という駅名でした。国鉄などは、より広域をカバーする地名を駅名にする傾向がありましたが、もともと京急線は軌道(路面電車)だったので、駅名のネーミング感覚も地域密着のバスに近かったのかもしれません。

 ちなみに「区境」バス停は、東京に2か所あります。しかも、双方とも国際興業のバス停で、どちらも板橋区と北区の境目近くですが、場所も路線も異なります。国際興業はウェブサイトのバス停検索で「区境(北区赤羽北・板橋区小豆沢)」「区境(板橋区加賀・北区十条台)」という表記で区別していますが、それぞれの路線をよく使う人にとっては、「2つあったの?」くらいな感覚ではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?