規格外すぎ! 2種の「世界最大」飛行機が再び飛んだ2021年 ともに無二の“怪鳥”ルックス

規格外すぎ! 2種の「世界最大」飛行機が再び飛んだ2021年 ともに無二の“怪鳥”ルックス

世界最大級の飛行機「ストラトローンチ」(画像:Stratolaunch公式Twitterより)。

2021年、ともに規格外の大きさをもつ2機種の”怪鳥”飛行機が、再び空を飛びました。ともにその大きさもさることながら、形状も唯一無二。それぞれどんな機体で、2021年はどのようなものだったのでしょうか。

双頭竜? 全幅の約117mの超巨大機

 2021年、“怪鳥”にも例えられるような、規格外の大きさをもつ飛行機のフライトが実施されました。

 現地時間2021年4月29日(木)ストラトローンチ・システムズ社の公式Twitterは、世界最大級の飛行機「ストラトローンチ(Stratolaunch)」が、テストフライトを実施したと投稿しました。フライトは2度目で、2019年以来約2年ぶりとのこと。同社の拠点であり、退役した旅客機の安置場所として世界的に知られるカリフォルニア州のモハーヴェ空港で実施されています。

 ストラトローンチの全長は約73m、全幅は飛行機としては世界最大となる約117mです。この機は「空飛ぶロケット発射台」として開発された飛行機で、初飛行は2019年4月でした。胴体のあいだのスペースにロケットなどを搭載するため、1つの機体に2つの胴体がついたいわゆる「双胴機」のスタイルで、エンジンは6基。大きさ、その形とともに唯一無二の飛行機といえるでしょう。

 なお、ストラトローンチ・システムズ社は2021年12月、アメリカミサイル防衛局と研究支援契約を結びました。同プロジェクト内で、この超大型機も使われる見込みです。

こちらのも規格外「世界でもっとも重い飛行機」も2021年に復活

 2021年6月に商用飛行を実施したのは、重量ベースで世界最大の記録を持つ飛行機アントノフAn-225「ムリヤ」です。同機は整備作業を完了したのち、2021年6月中旬にテスト飛行を実施。商業フライトへの投入は2020年8月以来で、約10か月ぶりとなりました。

 An-225「ムリヤ」も先出のストラトローンチにまったく引けをとらない“怪鳥”です。その大きさは全長84m、全幅88.74m。空荷時の重量は285tで、250tの貨物を積むことができます。なお「ジャンボ・ジェット」の最新派生型貨物機747-8Fでも、空荷時の重量は80tで、140tの搭載容量(ペイロード)。その大きさは歴然です。

 同機は当初、ソ連版スペースシャトル「ブラン」輸送のために作られた機体だったものの、現在はその規格外のサイズを生かして貨物輸送を担っています。大きさはもちろんのこと、多数の脚や6発エンジン、H型の尾翼などユニークなデザインも特徴です。なお、こちらも1機のみしか飛んでいません。

 商業フライト再開後のアントノフAn-225は貨物輸送のため世界を飛び回ったほか、同機のルーツであるウクライナの旧ソ連からの独立30周年記念パレードでは、首都キエフのメインストリート上空を低空でフライトしています。

関連記事(外部サイト)