2021年に姿を消したJAL・ANA旅客機たち ジャンボの跡継ぎ大型機から超コンパクト名機まで

2021年に姿を消したJAL・ANA旅客機たち ジャンボの跡継ぎ大型機から超コンパクト名機まで

JALの国内線用ボーイング777-200「JA007D」。元日本エアシステムの機体でもある(乗りものニュース編集部撮影)。

2021年、JAL、ANAでは、多くの旅客機が退役。どのような機体がどういった理由で、その役割を終えたのでしょうか。大型から小型、また理由も計画的だったものから突発的だったものまで、さまざまでした。

エンジン問題で退役前倒し「JAL国内線用777」

 2021年、国内の航空会社では、大小さまざまな多くの旅客機が退役しました。当初から予定されていたもの、突発的なものなど理由はさまざまです。どのような機体が、今年その役目を終えたのでしょうか。3つ挙げていきます。

●JAL:ボーイング777-200・777-300国内線仕様機

「ジャンボ・ジェット」の後継として、1990年代後半から国内線の“屋台骨”を支え続けてきた国内線用ボーイング777。当初より新型機「エアバスA350-900」と入れ替わる形で退役が予定されていたものの、2021年3月末に前倒しで7機すべての即時退役が発表されました。

 これは同機が搭載するエンジン、プラット・アンド・ホイットニー社「PW4000」系のトラブルが相次いだことで、2021年2月から、このエンジンを積んだ777型の飛行が航空局より禁じられたことが発端でした。ちなみに航空局は2021年12月16日、整備上の条件を満たし、かつ売却のための回送運航に限り停止措置を解除。退役したにもかかわらず、10か月ものあいだ国内空港に駐機したままだったこれらの機体は、やっと”眠りの地”へ飛べるようになりました。

 同機の穴埋めは、A350やボーイング787のほか、本来国際線を担当していた航続距離延長タイプ「777-200ER」を、仕様そのままで国内線へ定常投入することで対応しています。JALの777-200ERは、搭載エンジンを別の会社のもの(ゼネラル・エレクトリック製)にしていたことから、先述の飛行停止措置を免れることができました。

JAL&ANAの「最小」機たちもそれぞれ去る

●ANA:ボーイング737-700

 2021年6月をもってANA(全日空)から退役したのは、737-700。退役時、ANAグループのなかでもっとも小型のジェット旅客機で、席数は120席でした。

 同社ではこの機を2005(平成17)年の福岡〜中部線でデビューさせました。その後「北は稚内や利尻、南は宮古や石垣まで、ほぼ国内全ての空港を飛び回ってきた」とされているほか、中部発着を中心とする国際線へも投入されています。

 なお、現在の同社主力機のひとつ「737-800」は、737-700から胴体を6m伸ばした姉妹機です。ちなみに、ボディのサイズこそ小さいものの、ANAへの導入は737-700のほうが先で、いわばこちらが“先輩”にあたります。

●HAC:サーブ(SAAB)340B-WT

 JALグループで北海道内を結ぶ地域航空会社、HAC(北海道エアシステム)のターボプロップ旅客機です。自動車や軍用機でおなじみスウェーデン・サーブ社製の機体で、設立からHACの主力機でした。席数は36席で、JALグループでもっとも小さい旅客機。同グループでは、鹿児島拠点のJAC(日本エアコミューター)もサーブ340Bを使用していましたが、2019年に退役させています。

 退役は欧州ATR社製のターボプロップ機「ATR42-600S」への更新にともなったもの。ラストフライトは12月26日に実施が予定されています。その後同機は、コアのファン向けチャーターツアーとして、拠点である札幌丘珠から旅客を乗せ、いくつか空港を経由しながら8時間かけ、鹿児島に向かう予定です。

関連記事(外部サイト)